島の記憶

  1. 倉橋島

    島の記憶 284 ー倉橋島・住田醤油店ー

    弘法水と呼ばれた湧き水を使っていたことから名付けられた住田醤油店さんの弘法醤油。再利用されたそのケースには様々な酒造の名前が残り、まるで博物館に来た…

  2. 小大下島

    島の記憶 282 ー小大下島ー

    小大下港から東端にある採掘場を目指して島を横断。緩やかな山道を抜けると、ご褒美のような風景。大下瀬戸を挟んで左に大下島。右には来島海峡大橋が驚くほど…

  3. 津島

    島の記憶 268 ー津島ー

    越智大島から船で約15分。来島海峡に浮かぶ人口9人の離島『津島』へと向かう。端から端までゆっくり歩いて15分程度。湾状に細長く広がった集落に7世帯9…

  4. 大下島

    島の記憶 266 ー大下島ー

    時間の速さは一定でも感じ方はそれぞれ。麗らかな光を浴び、ゆったりとした時間がながれていた大下島の午後。Nakagawa▼大下島につい…

  5. 岩城島

    島の記憶 264 ー岩城島・岩城港ー

    島全体が桜に彩られていた様な印象が残る春の岩城島。街並みも変化に富んで楽しく、食事もうまい。「また来よう」そう思った島のひとつ。Nakaga…

  6. 大下島の港務所に置かれた新聞

    大下島

    島の記憶 260 ー大下島・大下港ー

    一軒ずつの投函がなくなり、港務所に置かれるようになった新聞。紙留めにはそれぞれ名前も。取りに来るのは手間ではあるが、顔を合わさずとも安否がわかる中々…

  7. 豊島

    島の記憶 256 ー豊島・内浦ー

    丈夫で長持ち、何よりもデザインがお気に入りというオリジナルの背負い籠。肥料袋で友人につくってもらった自慢の1点ものだ。Nakagawa…

  8. 鹿島

    島の記憶 254 ー鹿島・宮ノ口ー

    若く綺麗なひじきが採れるからと、冬の大潮の干潮を待って行われるひじき漁。この時期は夜に干るため、ライトを照らすと光るひじきの性質が重宝するそうだ。…

  9. 田島

    島の記憶 252 ー田島・南地区ー

    築100年以上という島内に現存する数少ない藁葺き屋根の古民家。昭和の中頃までは、島内で栽培した麦わらを使い、集落総出で屋根を葺き替えていたそうだ。…

  10. 岡村島

    島の記憶 250 ー岡村島ー

    眼下には岡村港と集落。遠くには四国山脈が見て取れる見晴らしの良さ。時報塔へ向かう途中にある高台は、手軽に行けるお気に入りのビューポイントのひとつ。…

最近の記事

  1. 広島県の島々

    中谷さんの『紅八朔』と『デコポン』
  2. 生口島

    家具屋さんのくるま
  3. 豊島・豊島港で第八同栄丸

    豊島

    島の記憶 196 ー豊島・豊島港ー
  4. 沖家室島

    気概
  5. 岡村島

    島の記憶 63 ー岡村島ー
PAGE TOP