過去の記事一覧

  1. 鹿島

    島の記憶 240 ー鹿島・鹿島大橋ー

    昭和51年に開通した鹿島大橋。当初、驚くほどの釣り人が押し寄せてきたと島の方。島民は然ることながら、当時の太公望たちにとっても待ちわびた開通だったこ…

  2. フェリー・旅客船

    島の記憶 239 ー宇品港ー

    2018年宮島水中花火大会は中止。豪雨災害の影響で交通手段が十分に確保できないのが理由。大会日は瀬戸内各所から見物のフェリーが集い賑わうが、今年はそ…

  3. 小大下島

    不安

    小大下島の帰り。予定時間を過ぎても船が来ない。浮桟橋に座り込み、明るさを徐々に失う沖を見つめる。待っているのは今治から来る岡村島行きの最終便…

  4. 岩城島

    島の記憶 238 ー岩城島・浜ー

    集落の見所なんてないけど、宝物みたいなものなら。と案内してもらった共同井戸。皆の汗と思いが具現化したまさに集落の宝物。正面には「昭和41年1月 掘之…

  5. 大崎下島

    第35回 豊町七夕納涼祭

    豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。致し方ないと理解しつつも、「こういう時だからこそ。」という思いが常にあった。そんな中、大崎…

  6. 似島

    島の記憶 237 ー江田島・幸ノ浦ー

    対岸に涌き上がるキノコ雲。訓練中の陸軍海上挺進戦隊は壊滅と伝わる広島へ救援に向った。間接被爆により、その後多くが亡くなった少年兵達。ここから見る青空…

  7. 上関 長島

    島の記憶 236 ー上関長島・四代ー

    今日は梅干しの日。優れた殺菌作用から食すと『難が去る(7が30)』という語呂合わせが由来。各家庭で当たり前のように作られていた食材も、その光景を見か…

  8. 倉橋島

    島の記憶 235 ー倉橋島・音戸ー

    西日本豪雨の土砂災害で道路・鉄路が不通となり、にわかに既存の航路が注目された。道路の発達で多くの航路が消えた瀬戸内海。航路が残っていればと考えてしま…

  9. 似島

    島の記憶 234 ー似島ー

    似島でも土砂崩れが起きたことを知人から聞いたのは発生から1週間近く経った頃だった。見知った所が土砂で埋もれていた光景は衝撃的だったが、迅速な復旧作業…

  10. 大下島

    島の記憶 233 ー大下島・北ノ谷ー

    海を前に僅かな平地を惜しむよう、傾斜地に住居が連なる瀬戸内の島の風景が好きだ。中には急傾斜指定地という所もあり、災害に及ぶ程の雨が続くと訪れて来た島…

  1. 広島県の島々

    明治という時代
  2. 大崎下島

    島の記憶 57 ー大崎下島・沖友ー
  3. 魚島

    島の記憶 232 ー魚島ー
  4. 佐木島

    今昔
  5. 江田島

    島の記憶 77 ー江田島・切串ー
PAGE TOP