大崎下島

沖友

集荷所の脇に立派な椅子が並び、作業着のお爺さんが二人腰掛けている。
話しかけてみようと心の準備に周辺を回って戻ると姿が消えていた。

アメリカ製の動力選果機をいち早く導入したのが沖友の組合という。
手作業に見切りをつけた行動に、当時全国から多く視察が訪れたそうだ。

そんな先見の明のあった人達を祖父母や親類に持つ人かもしれなかった。
気後れせずに天神ミカンにまつわる話を伺えていたらと後悔が残る。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    錆びた魂

    物には魂が宿るという教えが、かつてこの国にあった。消費する…

  2. 大崎下島

    島の記憶 281 ー大崎下島・歴史の見える丘公園ー

    御手洗は古い港町だが、潮待ちでは沖に停泊していた為か船を岸に着…

  3. 大崎下島

    中谷さんの味

    毎年送っていただく季節の味、大長みかん・デコポン・紅八朔・宝韶…

  4. 広島県の島々

    中谷さん所の『みかん』と『れもん』

    大崎下島の大長地区にある『加島缶詰工場跡地』近辺にある倉庫で、…

  5. 大崎下島

    島の記憶 345 ー大崎下島・沖友ー

    錆びついた簡易索道が寂しく目に映った。ケーブルが延びる先に実る…

  6. 大崎下島

    桜咲く天満宮

    写真は大崎下島の御手洗地区にある天満宮。参道を囲うように植えら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 似島

    『似島 ~花の島プロジェクト』 始動!
  2. 大津島

    桜の下で
  3. 大崎上島

    映画『東京家族』
  4. 弓削島

    島の記憶 37 ー弓削島・下弓削ー
  5. 広島県の島々

    心に希望を
PAGE TOP