厳島

工夫

大鳥居が独特な形状なのは、主柱を埋めずに自立させる工夫。
箱状にした鳥居上部に石を積めて安定性を高めてある。

松材の杭で堅められた地盤の上に約60トンの自重のみで建つ。
材質は重くて腐り難く、虫に強い楠が選ばれたという。

修繕されながら現在に至る大鳥居は、明治8年生まれの8代目。
先人達の永遠を求めた創意工夫。訪れる度に感動する。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 広島県の島々

    腰細浦神社

    ちょうど3年前の今日(2008年1月5日)、七浦巡りの第三拝所にな…

  2. 厳島

    未年

    中国の春秋戦国時代に生まれたと言われる陰陽五行説が起源となる干支。…

  3. 厳島

    ハレ

    リンゴ飴を持った小さな子供を見かけ、その日が神社の秋祭りだった…

  4. 厳島

    絵馬

    馬は神の乗り物として神聖視されていて、昔は祈願の際に生きたまま神に…

  5. 厳島

    反映

    厳島の大江浦から見る大野瀬戸。カキ養殖の抑制棚が並ぶ風景は壮観…

  6. 広島県の島々

    おもい

    広島市内に住む者にとって厳島はあまりにも身近で、島という意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 阿多田島

    指標
  2. 生名島

    続・立石山からの眺望
  3. 浮島

    島の記憶 380 ー浮島・樽見港ー
  4. 広島県の島々

    海路ならでは
  5. お知らせ

    島図鑑に新コンテンツ『 しまんほーる 』を追加!
PAGE TOP