倉橋島

音戸

本土と倉橋島間の音戸の瀬戸は、平清盛の開削伝説が有名。
厳島神社参詣の為に開かれた瀬戸を再び繋ぐ音戸大橋は1961年開通した。

有料期間は30年を予定していたが、半分以下となる13年で無料となった。
それはいかに望まれて行われた公共事業かを物語っている。

瀬戸内海初の離島架橋が作る活気ある陸路と水路の交差点。
第二音戸大橋も架かる中で、渡船がまだ健在というのも音戸の魅力だろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 倉橋島

    日の出

    誰が始めたのか明治以降に広まった初日の出(ご来光)を拝む風習。…

  2. 倉橋島

    島の記憶 119 ー倉橋島・藤脇ー

    石垣を洗う波の音しか聞こえない。潮の香りに包まれながら目につい…

  3. 倉橋島

    島の記憶 235 ー倉橋島・音戸ー

    西日本豪雨の土砂災害で道路・鉄路が不通となり、にわかに既存の航…

  4. 倉橋島の音戸町藤脇にある住田醤油店

    倉橋島

    島の記憶 206 ー倉橋島・藤脇ー

    藤脇・釣士田バイパスから眺めた町並みが面白く、引き寄せられるように…

  5. 倉橋島

    夏一直線。

    寒く長い冬が終わり、春が来たと喜んだのも束の間、あっと言う間に夏に…

  6. 倉橋島

    島の記憶 107 ー倉橋島・鹿老渡ー

    日の浦港近くで見つけた風景。自家用と思われる瀬戸内の冬の風物詩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 豊島

    島の記憶 283 ー豊島・内浦ー
  2. 似島

    島の記憶 253 ー似島・家下ー
  3. 未分類

    モヒカン故郷に帰る
  4. 大崎上島

    島の記憶 120 ー大崎上島・木江ー
  5. 情島

    係船柱
PAGE TOP