倉橋島

音戸

本土と倉橋島間の音戸の瀬戸は、平清盛の開削伝説が有名。
厳島神社参詣の為に開かれた瀬戸を再び繋ぐ音戸大橋は1961年開通した。

有料期間は30年を予定していたが、半分以下となる13年で無料となった。
それはいかに望まれて行われた公共事業かを物語っている。

瀬戸内海初の離島架橋が作る活気ある陸路と水路の交差点。
第二音戸大橋も架かる中で、渡船がまだ健在というのも音戸の魅力だろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 倉橋島

    旧道

    能美島と繋がる早瀬大橋の下をくぐる。道なりに進み吸い込まれるよ…

  2. 倉橋島

    町界

    港に沿って広がる家々の屋根。一つの集落のように見えて実は違う。…

  3. 倉橋島

    島の記憶 146 ー倉橋島・鹿老渡ー

    参覲交代の海路の中継地として、江戸中期に整備されたという鹿老渡集落。…

  4. 倉橋島

    島の記憶 235 ー倉橋島・音戸ー

    西日本豪雨の土砂災害で道路・鉄路が不通となり、にわかに既存の航…

  5. 倉橋島

    桂浜

    遣唐使船を作ったとされる本浦は古くから栄えた造船の地。修理…

  6. 倉橋島

    櫛比

    南北に天然の良港を持つ鹿老渡の歴史は、倉橋本島から36人が移住…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 津島集落
  1. 上蒲刈島

    島の記憶 166 ー上蒲刈島・採石場ー
  2. 広島県の島々

    似島『大黄港』
  3. 似島

    島の記憶 87 ー似島・臼ケ浦ー
  4. 能美島

    沖浦
  5. 弓削島

    弓削島フォトムービー
PAGE TOP