能美島

戦場

投稿日:2016年9月29日 更新日:

江田島と能美島に挟まれた江田島湾。その要の部分に飛渡瀬という土地がある。
終戦間近の頃、この狭い海に浮砲台となった軽巡洋艦大淀の姿があった。

燃料枯渇の中で苦肉の策。やがて米軍機に発見され迎撃も虚しく艦を横たえる。
浅瀬であった為に戦後浮揚作業され、生まれ故郷呉の船渠で解体された。

慰霊碑を訪ね戦没者碑誌を読むと、飛渡瀬住民による救出活動も記されていた。
集落も近いこの空間が270余名の戦死者を出した戦場であった事に驚く。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-能美島
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

早瀬

能美島と倉橋島の間に架かる早瀬大橋の完成は1973年。 倉橋島は既に音戸大橋で本州と結ばれていた為、能美島は地続きとなった。 離島でなくなったことで、数年後に離島振興法指定解除。 交付金を失ってでも欲 …

島の記憶 173 ー能美島・大附ー

大原湾の入口にある金比羅神社。錆びた笠を被る枯れた幹が境内で奇妙な風景を作っていた。 切株の上に載る幹は何なのか。説明も無かったが大切にされている事は伝わってくる。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

岸根

微かな記憶を紡ぎながら、かつての海水浴場を歩く。 南の島を演出した『がんねムーンビーチ』は当時、間違いのない定番海水浴場だった。 フェリーが着く専用の桟橋を上がると、海辺のヤシの木や施設が別世界を感じ …

島の記憶 209 ー能美島・畑ー

能美島は花の島という。沖美町の北は菊の栽培、南は日照量が必要な花の栽培に向いている。 歩けば海面に二つ目の太陽が眩しく、小さな集荷場と無人販売所に産地の片鱗を見た。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

島の記憶 81 ー能美島・美能ー

南へ外港、北に内港を構える美能。外港で会った漁師のお爺さんが、昔ここは浜だったと話す。 変わったよという二の句は、景観と海の豊かさを同時に指しているように思われた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.