能美島

早瀬

投稿日:2016年9月15日 更新日:

能美島と倉橋島の間に架かる早瀬大橋の完成は1973年。
倉橋島は既に音戸大橋で本州と結ばれていた為、能美島は地続きとなった。

離島でなくなったことで、数年後に離島振興法指定解除。
交付金を失ってでも欲しかった橋。現在の交通量を見ると重要さが分かる。

架橋実現へ向けての始まりは島民の募金運動からという。
ここでの架設技術が、とびしま海道架橋工事に継承されたことも感慨深い。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

アドセンス

アドセンス

-能美島
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

戦場

江田島と能美島に挟まれた江田島湾。その要の部分に飛渡瀬という土地がある。 終戦間近の頃、この狭い海に浮砲台となった軽巡洋艦大淀の姿があった。 燃料枯渇の中で苦肉の策。やがて米軍機に発見され迎撃も虚しく …

沖浦

沖浦とは戦国時代末から現れる地名で、能美島の西に並ぶ是長・畑・岡・大王一帯の総称。 沖浦四か村、沖村とも呼ばれるが、江戸時代を通して俗称として使われた続けた。 明治の頃にまず岡と大王が合併され岡大王に …

島の記憶 81 ー能美島・美能ー

南へ外港、北に内港を構える美能。外港で会った漁師のお爺さんが、昔ここは浜だったと話す。 変わったよという二の句は、景観と海の豊かさを同時に指しているように思われた。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

島の記憶 219 ー能美島・三吉ー

春になると桜が点々と現れる山がある。フェリーの上から見定めた島の桜を探しに向かった。 見つけたのは畑が広がる急斜面の上。人混みとは縁のない静かな花見をしばし楽しむ。 NAWATA ◎島プロジェクト → …

発展

小古江(おぶれ)にある塩竈明神社前から眺める大原湾。 深く湾入した複雑な海岸線は新田や塩浜で徐々に埋められてきた。 神社の名称を思えば、この近くに塩浜があったのだろう。 近年の埋立てで直線的になってい …

検索

◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。
Since 2009 / Copyright & Photograph by Shima Project member / All Raight Reserved.