能美島

発展

小古江(おぶれ)にある塩竈明神社前から眺める大原湾。
深く湾入した複雑な海岸線は新田や塩浜で徐々に埋められてきた。

神社の名称を思えば、この近くに塩浜があったのだろう。
近年の埋立てで直線的になっている今の海岸線からは想像し難い。

小古江は江戸時代から続く地名。その頃からどれくらいの変化か。
積み重ねて来た人々の営みを感じる海沿いの風景だった。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 能美島

    島の記憶 179 ー能美島・三吉ー

    畑を抜けて海の見える高台に立つと、暖かな空気を伝わって船のエン…

  2. 能美島

    島の記憶 279 ー能美島・畑漁港ー

    今年の半夏生は7月2日だった。この日にタコを食べるのは、関西地…

  3. 能美島

    島の記憶 175 ー能美島・岸根鼻ー

    明治期の砲台跡が残るこの地。一度公園に整備されたが、今は生い茂…

  4. 能美島

    島の記憶 317 ー能美島・岸根鼻ー

    大型連休前から咲始めるツツジは、初夏に向う気温も手伝い気分を高…

  5. 能美島

    島の記憶 191 ー能美島・畑漁港ー

    海辺の椅子は島によくある風景。しかしロープでその場に固定されて…

  6. 能美島

    島の記憶 315 ー能美島・深江ー

    旧道らしき道を進むと古い商店が目に入った。春の陽を浴びた立派な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    橋上
  2. 斎島

    解体
  3. 能美島

    島の記憶 287 ー能美島・美能ー
  4. 未分類

    島の記憶 378 ー尾道・千光寺公園頂上展望台ー
  5. 未分類

    さざなみ
PAGE TOP