魚島

回想

魚島という島名は鯛の季節や漁期を表す代名詞でもある。
島の周辺が鯛の産卵場でよく獲れ、漁獲高は鯛相場に影響を与えた。

江戸時代初期より今治藩から2人の役人が島へ出張してきたという。
目的は幕府へ献上する干鯛や塩辛の製造を監視するため。

役目といい身分といい、扱いの面倒な来島者だったろうと想像する。
余所者は必ず船で来る。果たして自分はどうであったか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 魚島

    魚島時

    魚島時という言葉がある。略して魚島(うおじま)とも云い、4月から5…

  2. 魚島

    魚島

    爽やかな空色で書かれた『魚島』の文字。おそらく船名かと思われるが、…

  3. 魚島

    島の記憶 47 ー魚島ー

    施設群の並ぶ港の風景に圧倒され、長閑な集落に落ち着く。相反する…

  4. 魚島

    Reporto&Photo Galleryに『魚島』を追加しました。

    本日、Shimaproject Web.に『魚島』のReporto…

  5. 魚島

    島の記憶 21 ー魚島ー

    定置網の手入れをする元漁師のお爺さん。思い描いた漁港の風景…

  6. 魚島

    魚島どきのご挨拶

    創建300年という亀居八幡神社の本殿うしろに、注連縄が飾られてある石…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岡村島

    路上
  2. 大崎下島

    宇津神社の櫓祭り
  3. その他

    展望
  4. その他

    ご当地もの。
  5. 似島

    島の記憶 75 ー似島・家下ー
PAGE TOP