魚島

回想

魚島という島名は鯛の季節や漁期を表す代名詞でもある。
島の周辺が鯛の産卵場でよく獲れ、漁獲高は鯛相場に影響を与えた。

江戸時代初期より今治藩から2人の役人が島へ出張してきたという。
目的は幕府へ献上する干鯛や塩辛の製造を監視するため。

役目といい身分といい、扱いの面倒な来島者だったろうと想像する。
余所者は必ず船で来る。果たして自分はどうであったか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 魚島

    島の記憶 21 ー魚島ー

    定置網の手入れをする元漁師のお爺さん。思い描いた漁港の風景…

  2. 魚島

    坂道

    収穫物や肥桶等を頭にのせて運ぶことを魚島ではカベルと言っていた…

  3. 魚島

    島の記憶 47 ー魚島ー

    施設群の並ぶ港の風景に圧倒され、長閑な集落に落ち着く。相反する…

  4. 魚島

    意識

    常に一歩先の事を考え、それに対処する時間的、精神的余裕を持つこ…

  5. 魚島

    魚島時

    魚島時という言葉がある。略して魚島(うおじま)とも云い、4月から5…

  6. 魚島

    台車

    平地が比較的多い島や、港近くの集落で見かける、いわゆる手押し台…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大下島の港務所に置かれた新聞
  1. 佐木島

    島の記憶 96 ー佐木島・鷺港ー
  2. お知らせ

    Shima Project Web.に『しまねこ』ページを新設。
  3. 似島

    代役
  4. 旧阿多田島小学校よこの桜

    阿多田島

    島の記憶 222 ー阿多田島ー
  5. 岡村島

    島の記憶 217 ー岡村島ー
PAGE TOP