岡村島

島の記憶 116 ー岡村島・岡村港ー


大三島へと洋上をゆったり進むフェリーみしま。それに主人が乗船しているのだろうか?
岡村港の一角で、まるで見送るかの様に並ぶ姿が印象的だった。
Nakagawa
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

関連記事

  1. 岡村島

    島の記憶 121 ー岡村島・観音崎ー

    好天に恵まれた岡村島での一日。後半は窮屈となり、日没と競るよう…

  2. 岡村島

    島の記憶 8 ー岡村島ー

    明治後期に始まり、92年続いた塩の専売制度。島の路地でよくみか…

  3. 岡村島

    それでも海へ

    先週、瀬戸内海の窮状を題材にした記事を頻繁に目にした。無計画な海砂…

  4. 岡村島

    鏝絵

    鏝絵(こてえ)とは漆喰装飾のことで、左官が壁塗り道具のコテを使…

  5. 御手洗瀬戸

    岡村島

    島の記憶 214 ー御手洗瀬戸ー

    古くは海上交通・交易の要所として。近年ではみかんを積んだ農船が、…

  6. 岡村島

    島の記憶 89 ー岡村島・岡村港ー

    連休中ということもあってなのか、港に着いた第二せきぜんは車輌と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 似島

    ふふふふふ
  2. 高根島

    敬老
  3. 岡村島

    島の記憶 245 ー岡村島・乗越海岸ー
  4. 斎島

    共生
  5. 柱島

    遺物
PAGE TOP