倉橋島

櫛比

南北に天然の良港を持つ鹿老渡の歴史は、倉橋本島から36人が移住したのが始まり。
砂州上に集落を築き、風待ち潮待ちの沖乗り航路の港町として栄えた。

南の下浦と北の日ノ浦を繋ぐ南北の道と、その中央に交わる東西の道。
当時の地図を見ると海沿いに変化があるが、城下町のような区割は今に生きている。

港町としては問屋的発達がなく、造船業が衰退すると農業漁業の道を歩み今に至る。
陸繋島に跨がる静かな集落。隙間なく並ぶ家々を眺め往時を想像した。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 倉橋島

    島の記憶 244 ー倉橋島・桂浜ー

    夏には毎年多くの海水浴客で賑わう桂浜も、時期を外すとさすがに人…

  2. 倉橋島

    島の記憶 146 ー倉橋島・鹿老渡ー

    参覲交代の海路の中継地として、江戸中期に整備されたという鹿老渡…

  3. 倉橋島

    島の記憶 107 ー倉橋島・鹿老渡ー

    日の浦港近くで見つけた風景。自家用と思われる瀬戸内の冬の風物詩…

  4. 倉橋島

    日の出

    誰が始めたのか明治以降に広まった初日の出(ご来光)を拝む風習。…

  5. 倉橋島

    音戸

    本土と倉橋島間の音戸の瀬戸は、平清盛の開削伝説が有名。厳島…

  6. 倉橋島

    町界

    港に沿って広がる家々の屋根。一つの集落のように見えて実は違う。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 厳島

    願い。
  2. 倉橋島

    島の記憶 119 ー倉橋島・藤脇ー
  3. フェリー・旅客船

    待宵
  4. 似島

    ふふふふふ
  5. 似島

    島の記憶 14 ー似島ー
PAGE TOP