大崎下島

迎春


門松やしめ飾りは、歳神様を家に迎える為に必要なもの。
しめ飾りは神様を迎えるのにふさわしい場所を示し、門松は歳神様の依り代となる。
しめ飾りの形状だけでも数種類あり、飾る期間も地域によって異なるが、
正月のこの時期に日本全国で見られる伝統的な風習だ。
ちなみに、写真は御手洗で見かけたしめ飾り。縄の形状が輪になっているので輪飾りという。
飾る家はすっかり減ってしまったが、門松やしめ飾りを見るとやはり正月らしさを感じる。
Nakagawa
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

関連記事

  1. 大崎下島

    港町

    御手洗にある蛭子神社。境内から道路で切り離された鳥居が、海に向…

  2. 大崎下島

    春の東風崎神社にて

    ここで撮ろう。とカメラを構えるお父さん。私はええんです。と止まろうと…

  3. 大崎下島

    島の記憶 290 ー大崎下島・沖友ー

    沖友集落の夕涼みの場所になっているかつての共同井戸。以前開けた…

  4. 大崎下島

    島の記憶 278 ー大崎下島・御手洗ー

    2年前、オープン間もない旅籠屋 醫(くすし)に泊まった。元…

  5. 大崎下島

    海辺

    一気に夏が来たようで、猛暑日、真夏日、熱帯夜と暑い日が続いてい…

  6. 大崎下島

    中谷さんの味

    毎年送っていただく季節の味、大長みかん・デコポン・紅八朔・宝韶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 魚島

    回想
  2. 因島

    島の記憶 65 ー因島・鏡浦ー
  3. 大三島

    島の記憶 154 ー大三島・宗方ー
  4. 横島

    島の記憶 247 ー横島・地蔵鼻ー
  5. 岡村島

    瀬戸
PAGE TOP