能美島

財産

沖地区から見る大きな島。大黒神島は山険しく森林に覆われている。
そのせいか長い間無人島だったが、天保の大飢饉の頃から移住者が現れる。

新しい農耕地を求めて対岸の村から渡った人々が島に田畑を開いた。
大正の頃からは農船での出作地となり、牛馬を渡す風景も見られたという。

森林は建材や薪に、下草は焚付けや船底をたでるのに使われていた。
昭和に入ると採石が村の生活を支える。平成での良い活用法はないものか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 能美島

    島の記憶 261 ー能美島・三吉ー

    小さな漁港の傍らに山のように積まれた孟宗竹が、カキ筏に組まれる…

  2. 能美島

    島の記憶 243 ー能美島・柿浦ー

    閉店してしまったような外観の文具店。看板には子供の頃を思い出す…

  3. 能美島

    島の記憶 147 ー能美島・引島ー

    触手のように波止を伸ばす無人島の引島は『島ひきおに』という絵本…

  4. 能美島

    記憶

    展覧会、映画、イベント。期日のあるものをうっかり忘れる口惜しさ…

  5. 能美島

    中町

    江田島湾にあるトトウガ鼻。海に突き出た陸地の先に並ぶ岩を今はそ…

  6. 能美島

    早瀬

    能美島と倉橋島の間に架かる早瀬大橋の完成は1973年。倉橋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大津島

    硝子
  2. 百島

    映画
  3. フェリー・旅客船

    任務
  4. 弓削島

    島の記憶 80 ー弓削島・周回道路ー
  5. 沖家室島

    島の記憶 267 ー沖家室島・本浦ー
PAGE TOP