豊島

地勢

室原神社の石柱に刻まれた寄進者名には、北と西で始まる姓が並んでいる。
小野浦を初めて訪れた時から気になっていた特徴は、集落の地勢に関わりがあるそうだ。 

集落を二分する川を境に、北側に北、南側に西の付く姓が多かったという。
北(キタ)に漁業者、南(ニシ)には農業者が多く住むという区別のつく時期もあった。

今では川も無くなり、北姓西姓の境界も曖昧だが、多い事に変わりはない。
明治の役人が勝手に決めたともいう姓。そこに頓着しない小野浦に独特な気性を感じる。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 広島県の島々

    立夏

    今日は立夏、暦の上では夏が始まる日。寒い日が続いたせいか、5月…

  2. 豊島

    島の記憶 293 ー豊島・内浦ー

    内浦の集落は漁業中心の小野浦と違い、路地や軒先にも少し余裕があ…

  3. 豊島

    天草

    港の隅に心太(ところてん)や寒天の原料となる天草を干す風景。…

  4. 豊島

    島の記憶 59 ー豊島・小野浦ー

    駕篭でもなければ大型犬の小屋でもない。傍らの日向に強面の漁師の…

  5. 豊島

    島の記憶 371 ー豊島・山崎ー

    家屋が段状に建ち並ぶ島の集落。屋根越しに海を眺めるのが好きで、…

  6. 豊島

    あるがまま

    青く澄んだ海を見ると嬉しくなる。出会う風景の中、自然が当た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    梅雨
  2. 江田島

    島の記憶 215 ー江田島・切串ー
  3. 大崎下島

    島の記憶 110 ー大崎下島・沖友ー
  4. 未分類

    モヒカン故郷に帰る
  5. 長島

    里海
PAGE TOP