豊島

地勢

室原神社の石柱に刻まれた寄進者名には、北と西で始まる姓が並んでいる。
小野浦を初めて訪れた時から気になっていた特徴は、集落の地勢に関わりがあるそうだ。 

集落を二分する川を境に、北側に北、南側に西の付く姓が多かったという。
北(キタ)に漁業者、南(ニシ)には農業者が多く住むという区別のつく時期もあった。

今では川も無くなり、北姓西姓の境界も曖昧だが、多い事に変わりはない。
明治の役人が勝手に決めたともいう姓。そこに頓着しない小野浦に独特な気性を感じる。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 豊島

    気持

    埋立てた上を走る道路と旧道の間。安全地帯のような場所にあった地…

  2. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

  3. 豊島

    島の記憶 118 ー豊島・小野浦漁港ー

    橋の上から眺める小野浦漁港は、とびしま海道でオススメしたい景観…

  4. 豊島

    豊浜

    豊島と大崎下島を繋ぐ豊浜大橋は海を挟む豊浜町内に架かる橋。…

  5. 豊島

    あるがまま

    青く澄んだ海を見ると嬉しくなる。出会う風景の中、自然が当た…

  6. 豊島

    規則の中で

    昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。その時教わっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 柱島

    途絶
  2. 柱島

    柱島の案内板
  3. 能美島

    島の記憶 193 ー能美島・岡大王ー
  4. 江田島

    切串
  5. 大崎下島

    港町
PAGE TOP