豊島

地勢

室原神社の石柱に刻まれた寄進者名には、北と西で始まる姓が並んでいる。
小野浦を初めて訪れた時から気になっていた特徴は、集落の地勢に関わりがあるそうだ。 

集落を二分する川を境に、北側に北、南側に西の付く姓が多かったという。
北(キタ)に漁業者、南(ニシ)には農業者が多く住むという区別のつく時期もあった。

今では川も無くなり、北姓西姓の境界も曖昧だが、多い事に変わりはない。
明治の役人が勝手に決めたともいう姓。そこに頓着しない小野浦に独特な気性を感じる。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 豊島

    寄道

    今年も残り僅か。思うように道を進めず、月日に押し流されたような…

  2. 広島県の島々

    感謝の心

    豊島小学校近くの壁面に描かれていたスライムの絵。おそらくは豊島…

  3. 広島県の島々

    豊島大橋

    8つの橋で結ぶ「安芸灘諸島連絡架橋」のひとつ『豊島大橋』(3号橋、…

  4. 広島県の島々

    豊島温泉

    豊島の漁師の主なターゲットは太刀魚(タチウオ)で、その漁獲量は広島…

  5. 豊島

    島の記憶 293 ー豊島・内浦ー

    内浦の集落は漁業中心の小野浦と違い、路地や軒先にも少し余裕があ…

  6. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 山口県の島々

    大津島と釣り
  2. 情島

    軌跡
  3. 横島

    島の記憶 297 ー横島ー
  4. 上蒲刈島

    島の記憶 203 ー上蒲刈島・向ー
  5. 大崎下島

    ももの世界
PAGE TOP