岡村島

銅像

勤勉さの象徴として多くの校庭の隅にあった二宮金次郎像。
素材の特性により銅像は背負うのが柴で、石像では薪になるのだそうだ。

自動車が増えた通学路で、ながら勉強は危険だと撤去を求められた事も。
統廃合などで数が減りゆく中、思わぬ受難としか言えない。

挿絵から生まれた勉強姿。そこに込められた思いを時代錯誤で片付ける。
あり続けて欲しいと思うのは、郷愁でしかないのだろうか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 岡村港に入港したフェリーみしま

    岡村島

    島の記憶 208 ー岡村島ー

    ナガタニ展望台へ行く道すがら箱庭のような光景に出会う。岡村港に…

  2. 岡村島

    第一回 関前諸島写真コンテストのお知らせ

    現在、岡村島・大下島・小大下島からなる関前諸島を題材にした…

  3. 岡村島

    島の記憶 158 ー岡村島ー

    防護柵に空き缶は、よく目にする光景。効果を聞くに、害鳥対策とい…

  4. 岡村島

    愛用

    飽きっぽい世の中なのか、一つ一つに求心力がないのか。今の世の中…

  5. 岡村島

    瀬戸

    瀬戸内海とは、どこからどこまでなのか。法令により範囲が微妙…

  6. 岡村島

    シーズンイン

    今日は二十四節気でいう寒露にあたる。朝、草花に露が見られる頃という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 似島

    牡蠣の国
  2. 斎島

    猪垣
  3. 広島県の島々

    岡哲商店のコロッケ
  4. 浮島

    Reporto&Photo Galleryに『浮島&頭島』を追加
  5. 岡村島

    島の記憶 116 ー岡村島・岡村港ー
PAGE TOP