大崎上島

新開

秋の空を映した原田川の河口。水面が穏やかで堀のように見えた。
様々な住宅が建ち並んで見えている場所は、かつて浜尻新開と呼ばれていた土地。

新開とは堤防で遠浅の海や干潟を仕切り、水を抜いて干上がらせ陸地化したもの。
新たに開く(拓く)という意味で、多くは耕作地として使われた。

見慣れた風景も歴史を知ることで、違って見えてこないだろうか。
新しい視点で切開かれた興味が、再び島へ足を運ばせる。島巡りはその繰り返し。

NAWATA

◎『卓上カレンダー2015』発売中ですhttp://www.shimaproject.jp/sp/calender.html
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎上島・木江 東京家族の平山周吉宅

    大崎上島

    島の記憶 274 ー大崎上島・木江ー

    軽自動車も通れない細い路地を登り、高台にたつ趣のある古民家に立…

  2. 大崎上島

    伝統

    大崎上島にある『海と島の歴史資料館』に、伝統行事『櫂伝馬競漕』…

  3. 大崎上島

    継続

    今年も残すところ10日となり、冬至を迎えた。冬至には南瓜を…

  4. 大崎上島

    お試し定住体験

    温暖な気候、ゆったりとした時間、美味しい食材・・・・・島暮らし…

  5. 大崎上島

    島の記憶 120 ー大崎上島・木江ー

    特に違和感も感じず撮影した一枚。記憶の風化とは、こういう事を指…

  6. 島食・島土産

    島の記憶 302 ー大崎上島・岡本醤油ー

    お刺身用に熟成3年の『かけ醤油』。うどんや煮物など、なんでも来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 豊島

    十年
  2. フェリー・旅客船

    出張
  3. フェリー・旅客船

    あかり
  4. 広島県の島々

    豊島温泉
  5. 弓削佐島

    信心
PAGE TOP