豊島

気持

埋立てた上を走る道路と旧道の間。安全地帯のような場所にあった地蔵堂。
よく手入れされていて、掛かる花柄の幕に関わる人達のやさしさが滲み出ていた。

島で出会う石仏に気恥ずかしさを抑え、手を合わせてみると気持ちが良い。
その土地に少しだけ馴染めた気がして、島歩きの足取りも軽くなるように思える。

多くの物がひしめき合うことで、全てが埋没してしまいがちな都市の生活。
島ではやさしい風景が目に入りやすく、素直になれる機会も多く訪れる気がする。

NAWATA

◎『卓上カレンダー2015』発売中ですhttp://www.shimaproject.jp/sp/calender.html

関連記事

  1. 豊島

    島の記憶 118 ー豊島・小野浦漁港ー

    橋の上から眺める小野浦漁港は、とびしま海道でオススメしたい景観…

  2. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

  3. 広島県の島々

    立夏

    今日は立夏、暦の上では夏が始まる日。寒い日が続いたせいか、5月…

  4. 豊島

    天草

    港の隅に心太(ところてん)や寒天の原料となる天草を干す風景。…

  5. 豊島

    ギネス級!?

    写真は豊島の路地にいた子猫。この柄の猫をみると、叔母が飼ってい…

  6. 豊島

    島の記憶 13 ー豊島・小野浦ー

    島で暮らす。海と暮らす。島へ行く度、都市部で生活している理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 豊島

    十年
  2. 柱島

    準備
  3. お知らせ

    『広島経済レポート』に掲載されました。
  4. 鹿島

    鹿島の段々畑!?
  5. 豊島

    斎島へ
PAGE TOP