フェリー・旅客船

波及

読書週間は『読書の力によって平和な文化国家を作ろう』という趣旨で戦後から始まった。
翌年から文化の日の前後2週間という期間が定められ、全国に広がってゆくことに。

もうすぐ終わる読書週間だが、週間と銘打ち関係業界が力を入れて広める事は大切。
今年開催された『瀬戸内しまのわ』は島に何を残したのか。その結果は来年以降に現れる。

一冊の本を選ぶ感覚で島を決めてへ行ってみると、そこにはきっと違う世界が広がるはず。
書棚のように地図を眺め、場所や大きさや名前で選んでみる。島へ渡る期限はない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    渡海

    島へ帰る人達を乗せているのは、江田島切串港行のフェリー第五きり…

  2. フェリー・旅客船

    出張

    能美島へ向かう途中、似島沖で見慣れぬフェリーと行き違う。正…

  3. フェリー・旅客船

    再起を図る

    西能美航路再編の実証運航初日の風景。といっても特別なことは…

  4. フェリー・旅客船

    遊覧

    『宮島ライトアップ しまあかりクルーズ』が、9月29日までの土…

  5. フェリー・旅客船

    舵を切る

    薄暮の中、江田島小用港へ向うために転舵するファーストビーチの『…

  6. フェリー・旅客船

    ひととき

    瀬戸内海汽船の『銀河』は、ランチ・ディナークルーズなど、船…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岡村島

    第一回 関前諸島写真コンテストのお知らせ
  2. お知らせ

    オリジナル『 卓上カレンダー2014 』販売開始
  3. 岡村島

    島の記憶 246 ー岡村島ー
  4. 岩城島

    開花
  5. 豊島

    藍色
PAGE TOP