フェリー・旅客船

波及

読書週間は『読書の力によって平和な文化国家を作ろう』という趣旨で戦後から始まった。
翌年から文化の日の前後2週間という期間が定められ、全国に広がってゆくことに。

もうすぐ終わる読書週間だが、週間と銘打ち関係業界が力を入れて広める事は大切。
今年開催された『瀬戸内しまのわ』は島に何を残したのか。その結果は来年以降に現れる。

一冊の本を選ぶ感覚で島を決めてへ行ってみると、そこにはきっと違う世界が広がるはず。
書棚のように地図を眺め、場所や大きさや名前で選んでみる。島へ渡る期限はない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    明暗

    30年前に撮られた広島湾の映像を見た。きらきらと眩しい海を行き…

  2. フェリー・旅客船

    明合

    随分と日没が早くなった。強烈な西日の中を帰宅したのが既に遠い日…

  3. フェリー・旅客船

    思惑

    行きたくても航路がないという島がたくさんある中、船が行き来して…

  4. フェリー・旅客船

    あかり

    船で渡った島で夕景を撮ると帰りは日没後。暗く沈んだ海を前に…

  5. フェリー・旅客船

    3.21

    広島・愛媛両県の島嶼部、臨海部で開催される『瀬戸内しまのわ20…

  6. 似島

    島の記憶 300 ー似島〜広島航路・第八こふじー

    高揚感が違うのか、行きよりも帰りの方が穏やかに感じるデッキから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 斎島

    共生
  2. 大崎下島

    中谷さんの味
  3. 情島

    見聞
  4. 大崎下島

    沖友
  5. 高根島

    内の浦トンネル
PAGE TOP