魚島

坂道

収穫物や肥桶等を頭にのせて運ぶことを魚島ではカベルと言っていたそうだ。
土地が狭く急な斜面に畑がある為に、頭上運搬が島内に自然と浸透したのだろうか。

埋め立てを除いて当時を思えば、細い路地を行き交うにも便利そうではある。
日に何度も畑への上り下りをしただろう島の先人達。その労力には感服するばかり。

背中に海を感じながら、坂を上り路地を折れて階段を上がることを繰り返す。
足を使って地形を体感すると、景色以外にも色々な物が見えてくるような気がする。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 魚島

    島の記憶 21 ー魚島ー

    定置網の手入れをする元漁師のお爺さん。思い描いた漁港の風景…

  2. 魚島

    台車

    平地が比較的多い島や、港近くの集落で見かける、いわゆる手押し台…

  3. 魚島

    魚島

    爽やかな空色で書かれた『魚島』の文字。おそらく船名かと思われるが、…

  4. 魚島

    島の記憶 47 ー魚島ー

    施設群の並ぶ港の風景に圧倒され、長閑な集落に落ち着く。相反する…

  5. 魚島

    意識

    常に一歩先の事を考え、それに対処する時間的、精神的余裕を持つこ…

  6. 魚島

    魚島時

    魚島時という言葉がある。略して魚島(うおじま)とも云い、4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 能美島

    戦場
  2. 生名島

    日没
  3. 大崎下島

    旬の味『大長みかん』
  4. 豊島

    不漁
  5. 柱島

    島の記憶 156 ー柱島ー
PAGE TOP