柱島

人跡

瀬戸内海が真珠という新しい特産の夢を見ていた頃、ここ新宮鼻でも養殖が行われていたと聞く。
本場三重県より短期間で育つという瀬戸内海に、新たな漁場を求めて業者の参入が続いた。

増産の好条件に恵まれた一方で、水温が下がる冬場に母貝を移す避寒場所が問題となった。
それでも多くの業者が瀬戸内で養殖を始めたのは、踏み切るだけの価値が当時あったからだろう。

思えば瀬戸内の産業は時代に応じて様々に変化し、その都度景観も変わり続けてきたことになる。
見慣れた場所で思わぬ歴史に出会う。そんな発見が瀬戸内にまだまだありそうだと思った。

NAWATA

◎島プロジェクト → https://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 柱島

    差異

    茶・コーヒー・酒・タバコ等の嗜好品。中でも缶コーヒーとタバコの…

  2. 柱島

    島の記憶  68 ー柱島・牧地区ー

    山に還りつつある休耕田の隙間から顔を覗かせる屋根。小さな集…

  3. 柱島の秋祭り

    柱島

    島の記憶 198 ー柱島ー

    あれ、どうじゃったかいのぉ。という声が飛び交いつつも、次々と立…

  4. 柱島

    途絶

    海に続いて並ぶ礎石は、山口県岩国からの海水浴客を迎え入れた桟橋…

  5. 柱島

    島の記憶 54 ー柱島・中臣呑海の書ー

    柱島の産土神である賀茂神社。その拝殿内に飾られてある達筆な書。…

  6. 柱島

    搭乗前

    写真は、岩国港に着岸した高速船『すいせい』。11島からなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大下島の港務所に置かれた新聞
  1. 大久野島

    大久野島めぐり
  2. 岡村島

    銅像
  3. お知らせ

    島プロジェクト『10島達成プレゼント企画』
  4. 大崎下島

    ももの世界
  5. 御手洗瀬戸

    岡村島

    島の記憶 214 ー御手洗瀬戸ー
PAGE TOP