似島

養殖

広島はカキの産地。江戸時代に養殖が始まると販路は沿岸主要都市から遠く和歌山まで広がった。
養殖が成立した背景には地形や潮流等、自然条件が大きく関わっているという。

波穏やかな広い湾内に、窒素やリンという栄養分を運ぶ幾本もの川が注ぎ込む。
淡水は海水と混じりカキの餌となるプランクトンを育て、島が浮かぶ海の形がそれを逃がさない。

顕微鏡も無い時代に自然条件を見極め、これはいけるぞと養殖を始め、広めたのは誰なのだろう。
引き継がれ進化した養殖法は、広島湾に欠かせない風景のひとつになっている。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 似島

    登山

    広島近郊の登山愛好家は中国山地のおかげで登る山に不自由をしない…

  2. 似島

    島の記憶 46 ー似島・家下ー

    建物だけを見ると、本土にいるような感じのする似島で、南国の島の匂いが…

  3. 似島

    島の記憶 48 ー似島ー

    相当フィットしてるのだろう。どれだけ近づこうとも耳すら動かさない無…

  4. 似島

    島の記憶 82 ー似島・似島港ー

    オレンジ色に染まった印象的な似島港。よく伺う島だが、いつ来ても美し…

  5. 似島

    島の記憶 67 ー似島・似島港ー

    キリンのような古い波止。現在の桟橋ができるまで、ここが島の玄関…

  6. 似島

    牡蠣の国

    干潟につくられた多くの牡蠣(抑制)棚は、昭和初期に普及した杭打式垂下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 上関 長島

    上関
  2. 生名島

    看板。
  3. 生口島

    虎食い
  4. 斎島

    島の記憶 16 ー斎島ー
  5. 小大下島

    島の記憶 97 ー小大下島ー
PAGE TOP