岡村島

路上

あいさつをして行き交う路地。カメラを提げて島の中をうろつく他所者としての礼儀。
一日中同じ集落を回っていると、再会することも珍しくはない。

どの島でも聞かれるのは、何を撮りに来たのか、撮るような物があるのかということ。
ここはねと、自嘲気味に住み慣れた島を語る口ぶりは穏やかだ。

声をかけられ振り向くと、数分前にあいさつした人が、ネーブルを抱えて立っていた。
好意を詰め込んだカメラバッグ。重さに反して心は軽くなった。

NAWATA

◎岡村島・改訂版 → http://www.shimaproject.jp/Report12-Okamurajima.html

関連記事

  1. 岡村島

    島の記憶 114 ー岡村島・岡村港ー

    早朝の岡村港から出漁した漁船の先に見えるのは1999年に開通した来島…

  2. 岡村島

    まるせきカフェ

    とびしま海道で寄って欲しいお店のひとつ「まるせきカフェ」。地域お…

  3. 岡村島

    島の記憶 347 ー岡村島ー

    久しぶりに訪れた時、手入れされたのか床板が変わり、柵の内側に板…

  4. 岡村島

    島の小さな消防車 2

    見事山小屋の火事を消し、山火事への延焼を止めた『じぷた』…

  5. 岡村島

    瀬戸

    瀬戸内海とは、どこからどこまでなのか。法令により範囲が微妙…

  6. 岡村島

    島の記憶 8 ー岡村島ー

    明治後期に始まり、92年続いた塩の専売制度。島の路地でよくみか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 生名島

    島の記憶 41 ー生名島・立石ー
  2. 厳島

    工夫
  3. 山口県の島々

    見えぬ先
  4. 似島

    島の記憶 95 ー似島・荒掛灘ー
  5. フェリー・旅客船

    発見
PAGE TOP