岡村島

路上

あいさつをして行き交う路地。カメラを提げて島の中をうろつく他所者としての礼儀。
一日中同じ集落を回っていると、再会することも珍しくはない。

どの島でも聞かれるのは、何を撮りに来たのか、撮るような物があるのかということ。
ここはねと、自嘲気味に住み慣れた島を語る口ぶりは穏やかだ。

声をかけられ振り向くと、数分前にあいさつした人が、ネーブルを抱えて立っていた。
好意を詰め込んだカメラバッグ。重さに反して心は軽くなった。

NAWATA

◎岡村島・改訂版 → http://www.shimaproject.jp/Report12-Okamurajima.html

関連記事

  1. 岡村島

    岡村島の紀行文とフォトムービーを改訂!

    安芸灘とびしま海道の現終点となる岡村島は、瀬戸内の島らしく漁業と柑…

  2. 岡村島

    島の記憶 250 ー岡村島ー

    眼下には岡村港と集落。遠くには四国山脈が見て取れる見晴らしの良…

  3. 岡村島

    愛用

    飽きっぽい世の中なのか、一つ一つに求心力がないのか。今の世の中…

  4. 岡村島

    島の記憶 245 ー岡村島・乗越海岸ー

    海沿いの道に立つと懐かしい匂いがした。見ると足下の浜辺に白粉花…

  5. 岡村島

    島の記憶 114 ー岡村島・岡村港ー

    早朝の岡村港から出漁した漁船の先に見えるのは1999年に開通した来島…

  6. 岡村島

    島の記憶 34 ー岡村島・岡村港ー

    各々の仕掛けを引き上げながら、「どうね」と掛け合う声。夕刻どきの岡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 下蒲刈島

    シーズン突入。
  2. フェリー・旅客船

    あかり
  3. 厳島

    未年
  4. 広島県の島々

    そこにある
  5. 情島

    見聞
PAGE TOP