岡村島

路上

あいさつをして行き交う路地。カメラを提げて島の中をうろつく他所者としての礼儀。
一日中同じ集落を回っていると、再会することも珍しくはない。

どの島でも聞かれるのは、何を撮りに来たのか、撮るような物があるのかということ。
ここはねと、自嘲気味に住み慣れた島を語る口ぶりは穏やかだ。

声をかけられ振り向くと、数分前にあいさつした人が、ネーブルを抱えて立っていた。
好意を詰め込んだカメラバッグ。重さに反して心は軽くなった。

NAWATA

◎岡村島・改訂版 → http://www.shimaproject.jp/Report12-Okamurajima.html

関連記事

  1. 岡村島

    島の記憶 246 ー岡村島ー

    意匠豊かな集落を抜け、仄かに香る柑橘の匂いを感じながら上へ上へ…

  2. 岡村島

    島の記憶 34 ー岡村島・岡村港ー

    各々の仕掛けを引き上げながら、「どうね」と掛け合う声。夕刻どきの岡…

  3. 岡村島

    島の記憶 63 ー岡村島ー

    雁木を足場に海へ張り出して建てられた四阿は、港が見渡せる気持の…

  4. 岡村島

    シーズンイン

    今日は二十四節気でいう寒露にあたる。朝、草花に露が見られる頃という…

  5. 岡村島

    第一回 関前諸島写真コンテストのお知らせ

    現在、岡村島・大下島・小大下島からなる関前諸島を題材にした…

  6. 岡村港に入港したフェリーみしま

    岡村島

    島の記憶 208 ー岡村島ー

    ナガタニ展望台へ行く道すがら箱庭のような光景に出会う。岡村港に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 百島

    光景
  2. 広島県の島々

    しおまち商店街オススメのお店 『もやい』さん
  3. 大崎上島

    夕焼
  4. 浮島

    浮島
  5. 岡村島

    島の記憶 89 ー岡村島・岡村港ー
PAGE TOP