百島

燈籠

泊港にある波止の先に立つ石燈籠。灯台の役目を果たしていたものを移設したのだろう。
提灯くらいだと思える明るさが、沖から見えるものだろうか。

船が沖合を航行するようになったため、現代の灯台は眩しい。
背景に溶け込まないよう明るく、より遠くへと光を運ばなければならなくなったからだ。

岸に並ぶ人家の明かりも疎ら。自然や人の力で、岸近くをゆっくりと船が進んでいた頃。
揺らぐ微かな火でも、暗闇の中で頼もしく見えたに違いない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 広島県の島々

    何?

    百島の周囲でみかけた建築物。一見オブジェにもみえる。特に泊を過…

  2. 百島

    僕らのカープ

    百島・泊漁港近くで見かけた掲示板。シーズン中、こまめに更新…

  3. 百島

    壊廃

    島で倉庫になっている廃車を見かけると、必ずというほど撮ってしま…

  4. 広島県の島々

    百島の道祖神

    百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。島の至る所で…

  5. 百島

    映画

    百島で見かけた映画館跡。上映時には島内へ向け案内の放送が流れた…

  6. 百島

    島の記憶 17 ー百島・泊ー

    拝殿に貼ってあった小さな紙。何人の子供が読んだことだろう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    職人芸
  2. 佐木島

    トライアスロンさぎしま大会
  3. 厳島

    強く美しく
  4. 斎島

    島の記憶 16 ー斎島ー
  5. 柱島

    準備
PAGE TOP