百島

燈籠

泊港にある波止の先に立つ石燈籠。灯台の役目を果たしていたものを移設したのだろう。
提灯くらいだと思える明るさが、沖から見えるものだろうか。

船が沖合を航行するようになったため、現代の灯台は眩しい。
背景に溶け込まないよう明るく、より遠くへと光を運ばなければならなくなったからだ。

岸に並ぶ人家の明かりも疎ら。自然や人の力で、岸近くをゆっくりと船が進んでいた頃。
揺らぐ微かな火でも、暗闇の中で頼もしく見えたに違いない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 百島

    僕らのカープ

    百島・泊漁港近くで見かけた掲示板。シーズン中、こまめに更新…

  2. フォトムービー

    百島フォトムービー

    広島県尾道市『百島』は、瀬戸内海中部の芸予諸島に浮かぶ日照時間…

  3. 広島県の島々

    百島の道祖神

    百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。島の至る所で…

  4. 百島

    光景

    水面に映る明かりを揺らし、闇の中を浮かぶように進むフェリーの姿…

  5. 広島県の島々

    スッキリ!!

    百島を訪れた時に発見した正体不明のこの建造物。以前の"エントリ…

  6. 百島

    道筋

    百島に大規模太陽光発電所が建設されるという。塩田跡地である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 浮島

    島の記憶 33 ー浮島・樽見ー
  2. 大崎上島

    島の記憶 134 ー大崎上島・岡本醤油醸造場ー
  3. 鹿島

    島の記憶 254 ー鹿島・宮ノ口ー
  4. 田島

    行事
  5. 佐木島

    島の記憶 242 ー佐木島・佐木地区ー
PAGE TOP