大崎下島

港町

御手洗にある蛭子神社。境内から道路で切り離された鳥居が、海に向って立つ。
明治22年再建という石の鳥居越しに見る港の風景が好きだ。

豊町御手洗という地名になるが、蛭子神社のあるここは蛭子町と呼ばれていた。
天満宮のある天神町、弁天社の弁天町、住吉神社の住吉町。

江戸後期から昭和初期の建造物が多く残り、町並み保存地区として名高い港町。
古い町名も、そのまま残っていれば、どんなに良いだろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    島の記憶 398 ー 大崎下島・久比ー

    大崎下島の久比地区に、新しい形のコミニティープレイスが誕生しま…

  2. 大崎下島

    海辺

    一気に夏が来たようで、猛暑日、真夏日、熱帯夜と暑い日が続いてい…

  3. 大崎下島

    島の記憶 124 ー大崎下島・御手洗ー

    見渡す限り柑橘畑じゃったんよ。とは御手洗で出会ったおじいさんの言葉。…

  4. 大崎下島

    錆びた魂

    物には魂が宿るという教えが、かつてこの国にあった。消費する…

  5. 広島県の島々

    夕陽を浴びて

    大崎下島久比港西の船溜まり。朝から働いた船が夕陽を浴び、静かに…

  6. 大崎下島

    平成の高燈籠

    大崎下島の御手洗にある、高さ6.18mの高燈籠。平成と江戸後期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎上島

    映画『東京家族』
  2. 大崎上島

    一点
  3. 浮島

    Reporto&Photo Galleryに『浮島&頭島』を追加
  4. 因島

    バス停の椅子
  5. 厳島

    祈願
PAGE TOP