豊島

風物詩


干し柿は渋柿を使う。この時期になると祖母がよく作っていたのを思い出す。
1個1個、皮を剥き。さっと湯通ししたら、紐で結ぶ。
風通しの良い所へ吊るし、途中手もみをなどを施しながら待つこと約2~4週間。
見事に甘くなった干し柿が完成する。地域によっては『吊るし柿』ともいうそうだ。
渋ければ渋いほど甘さが増す。そう教えてくれたのも祖母だった。
あの頃は特に好きではなかったが、今はあの味が懐かしくて仕方がない。
Nakagawa
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

関連記事

  1. 豊島

    手当

    引き上げられ、手入れを受ける船。浮いた姿が格好良く、どの島でも…

  2. 豊島

    斎島へ

    豊島港から高速艇で25分の離島『斎島』(いつきしま)。アビ漁が…

  3. 豊島

    島の記憶 371 ー豊島・山崎ー

    家屋が段状に建ち並ぶ島の集落。屋根越しに海を眺めるのが好きで、…

  4. 豊島

    毎年この時期になると、思い描いた路を辿れただろうかと、今年描い…

  5. 豊島

    場所

    『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』の冒頭で、瀬戸内の古き良き風…

  6. 豊島

    豊浜

    豊島と大崎下島を繋ぐ豊浜大橋は海を挟む豊浜町内に架かる橋。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 柱島

    途絶
  2. 厳島

    うら
  3. 山口県の島々

    島おこし隊員
  4. お知らせ

    Shima Project Web.に『 島BOOK 』ページを新設。
  5. 佐木島

    島の記憶 427 ー佐木島・須波ー
PAGE TOP