豊島

風物詩


干し柿は渋柿を使う。この時期になると祖母がよく作っていたのを思い出す。
1個1個、皮を剥き。さっと湯通ししたら、紐で結ぶ。
風通しの良い所へ吊るし、途中手もみをなどを施しながら待つこと約2~4週間。
見事に甘くなった干し柿が完成する。地域によっては『吊るし柿』ともいうそうだ。
渋ければ渋いほど甘さが増す。そう教えてくれたのも祖母だった。
あの頃は特に好きではなかったが、今はあの味が懐かしくて仕方がない。
Nakagawa
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

関連記事

  1. 豊島

    事情

    午後の港で干潮時を利用して漁船の手入れをする風景を眺める。…

  2. 豊島

    ギネス級!?

    写真は豊島の路地にいた子猫。この柄の猫をみると、叔母が飼ってい…

  3. 豊島

    展示

    太平洋戦争中、日系人強制収容所で生まれた作品を集めた『尊厳の芸…

  4. 豊島

    規則の中で

    昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。その時教わっ…

  5. 豊島

    十年

    広島県6島と愛媛県1島の7島を7本の橋で結ぶ安芸灘とびしま海道…

  6. 豊島

    「空き家が多いじゃろ?」と、道で出会ったおばあさんは笑って言っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 津島集落
  1. 江田島

    島の記憶 83 ー江田島・幸ノ浦ー
  2. 大崎上島

    商店
  3. 岩城島

    桜並木
  4. 江田島

    慰霊
  5. 大崎下島

    島の記憶 124 ー大崎下島・御手洗ー
PAGE TOP