斎島

斎島

乗って来た船のエンジン音が途切れると、道に浮いた砂を踏む自分の足音しか聞こえない。
やっと訪れる事ができたという思いがあり、静けさに包まれた島は目に眩しく映った。

路地に入ると土壁や板壁の家や石垣が多く見られ、なんとも言えぬ懐かしさを感じさせる。
趣向ではない佇まいには歳月を経た重みがあり、そこに物語を想像させる余地がある。

止まったような時間の中、海辺から立ち昇る焚き火の煙が、澄んだ青空に溶けてゆく。
少し前までは何処でも見られた長閑な風景が、小さなこの島に色濃く残っている気がした。

NAWATA

◎斎島レポート改訂版 http://www.shimaproject.jp/Report01-Itsukishima.html

関連記事

  1. 斎島

    恊働

    広島県の県鳥アビ。聞き慣れないこの鳥は、ある地域で海神として大…

  2. 斎島

    始末

    都市部では滅多に見られなくなった焚火や、焼却炉のある風景を島で…

  3. 斎島

    いつきであそぼう!

    この日曜。広島県呉市豊浜町の沖合約7kmに浮かぶ離島『斎島』で野外ラ…

  4. 斎島

    猪垣

    斎島の集落内の風景。海を渡って来た猪が増え続け、被害が酷いとい…

  5. 斎島

    斎島からの贈り物

    先日、斎島のganさんから嬉しいモノが届きました。斎島近海で採れた…

  6. 斎島

    島の記憶 16 ー斎島ー

    ペットボトルで作られた手作り風車。素朴な集落にとけ込みながら、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 豊島

    端午
  2. 阿多田島

    ひといき
  3. 上蒲刈島

    島の記憶 197 ー上蒲刈島・大浦ー
  4. 柱島

    遺物
  5. 伯方島

    命がけの往来
PAGE TOP