斎島

斎島

乗って来た船のエンジン音が途切れると、道に浮いた砂を踏む自分の足音しか聞こえない。
やっと訪れる事ができたという思いがあり、静けさに包まれた島は目に眩しく映った。

路地に入ると土壁や板壁の家や石垣が多く見られ、なんとも言えぬ懐かしさを感じさせる。
趣向ではない佇まいには歳月を経た重みがあり、そこに物語を想像させる余地がある。

止まったような時間の中、海辺から立ち昇る焚き火の煙が、澄んだ青空に溶けてゆく。
少し前までは何処でも見られた長閑な風景が、小さなこの島に色濃く残っている気がした。

NAWATA

◎斎島レポート改訂版 http://www.shimaproject.jp/Report01-Itsukishima.html

関連記事

  1. 斎島

    斎島の紀行文 & フォトムービーを改訂しました。

    本日、斎島の紀行文とフォトムービーを改訂しました。広島県呉市に…

  2. 斎島

    島の記憶 16 ー斎島ー

    ペットボトルで作られた手作り風車。素朴な集落にとけ込みながら、…

  3. 斎島

    迫る

    島で「山が迫る」という言葉を時折耳にする。段々畑の耕作放棄地に木々…

  4. 斎島

    斎島の係船柱

    防波堤のかさ上げで随分と埋まっているが、ロープを止めようと思えば、…

  5. 斎島

    玄関

    島の玄関となる港。島への一歩を踏み出し桟橋に降り立つ時、清々し…

  6. 斎島

    島の記憶 70 ー斎島ー

    竹竿で組まれた物干し台。映画やドラマの中でしか見たことがなかった生活…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    島影
  2. 江田島

    島の記憶 195 ー江田島・津久茂ー
  3. フェリー・旅客船

    波及
  4. 上関 長島

    梅干し。
  5. 大崎上島

    木江の路地
PAGE TOP