フェリー・旅客船

明暗

30年前に撮られた広島湾の映像を見た。きらきらと眩しい海を行き来する単頭船のフェリー。
画面の隅に海面から突き出た竹と、波に揺られる網。のりひびらしい物が映っていた。

河口に広がる湾内には、川が運ぶ栄養分と土砂でできた干潟があり、のり養殖に適していた。
江戸時代から始まるのり作りは、明治に始まる干拓で干潟が少なくなり減少してゆく。

公害という問題から遠のいた瀬戸内海では、貧栄養化が進み、のりの色落ちが発生している。
綺麗だけれど、痩せている瀬戸内海。豊かな海とは一体、どういうものなのだろうか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    波及

    読書週間は『読書の力によって平和な文化国家を作ろう』という趣旨…

  2. フェリー・旅客船

    任務

    宇品には出征兵士を送り出した歴史があり、広島駅から繋がる軍用鉄…

  3. フェリー・旅客船

    島の記憶 239 ー宇品港ー

    2018年宮島水中花火大会は中止。豪雨災害の影響で交通手段が十…

  4. フェリー・旅客船

    待機中

    船体を洗ったり給油をしたりと、乗客の見えないところで運航の…

  5. フェリー・旅客船

    島の記憶 388 ー斎島ー

    蛭児神社本殿を横目にさらに奥へ。日光さえも遮る森の中で神域を感…

  6. フェリー・旅客船

    明合

    随分と日没が早くなった。強烈な西日の中を帰宅したのが既に遠い日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. フォトムービー

    大久野島フォトムービー
  2. 広島県の島々

    立夏
  3. 因島

    白滝山の五百羅漢
  4. 山口県の島々

    大津島と釣り
  5. 厳島

    天気雨
PAGE TOP