柱島

ワラ

日本人は米を食し、その副産物といえるワラで身の回りの物を多く作ってきた。
そんなワラにまつわる展示が、広島市郷土資料館で開催されていると知り、観にでかけた。

軽さと柔らかさは履物。緩衝性の高さは包んで保護することに。保温性は寒さを防ぐために。
わらじや雪靴に雨具、容器や敷物。編むことで様々に形を変えたワラ製品は、知恵の結晶。

ワラ製品とその加工技術は、誰もが思い浮かべる田舎の風景と共に消えつつある。
昔の生活には戻れないが、物を無駄にしない精神は、受け継ぎ伝えなければならないと思う。

NAWATA

◎『ワラのあった風景』 広島市郷土資料館 6月30日まで
◎島プロジェクト → https://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 柱島

    島の記憶 7 ー柱島ー

    天日干しの後、風通しが良い日陰に吊るす。玉葱の保存に湿度が…

  2. 柱島

    柱島の案内板

    多くの島では、港の近くに案内板を設置しており、地図の他に名…

  3. 柱島

    柱島の秋祭り

    柱島を訪れて一年が経つ。その日は秋祭りの準備で朝から活気があり…

  4. 柱島の秋祭り

    柱島

    島の記憶 198 ー柱島ー

    あれ、どうじゃったかいのぉ。という声が飛び交いつつも、次々と立…

  5. 柱島

    準備

    ザル、重石、樽大・小が並ぶ、漬け物の準備風景。撮ったのは民…

  6. 柱島

    泊地

    昭和18年(1943年)6月8日。この沖合で70年前、戦艦陸奥…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岩城島

    積善山展望台
  2. 山口県の島々

    大津島と釣り
  3. 因島

    安政柑祭り
  4. 因島

    恐竜!?
  5. 横島

    睦橋
PAGE TOP