大崎下島

桜咲く天満宮


写真は大崎下島の御手洗地区にある天満宮。
参道を囲うように植えられた桜並木が、春には見事な桜回廊を作り上げます。
ここには菅原道真が口を漱いだとされる『菅公の井戸』があり、
その逸話が御手洗という地名の由来とも言われ、
大崎下島に訪れた際は、ぜひ足を運んで欲しい場所のひとつです。
瀬戸内海には大崎下島以外にも、桜の見所がたくさんあります。
Shima Project Web.では、そんな島々の桜情報をご紹介したページを新設しました。
ぜひ春の島巡りの参考にお役立て下さい。
◎島の桜情報 → http://www.shimaproject.jp/ShimaSakra.html

関連記事

  1. 大崎下島

    第35回 豊町七夕納涼祭

    豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。致し方な…

  2. 大崎下島

    錆びた魂

    物には魂が宿るという教えが、かつてこの国にあった。消費する…

  3. 大崎下島

    平成の高燈籠

    大崎下島の御手洗にある、高さ6.18mの高燈籠。平成と江戸後期…

  4. 大崎下島

    宇津神社の櫓祭り

    写真は大崎下島・大長地区に鎮座する宇津神社。詳しい創建年数は定…

  5. 大崎下島

    秋到来

    「大崎下島で柑橘類の収穫が始まった。」そんなニュースを耳にし、瀬戸…

  6. 大崎下島御手洗にある大東寺のクスノキ

    大崎下島

    島の記憶 204 ー大崎下島・御手洗ー

    御手洗にいくと必ず立ち寄るパワースポット的存在である大東寺のクスノ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 山口県の島々

    刈尾海水浴場
  2. 大崎下島

    北堀
  3. 因島

    Reporto&Photo Galleryに『因島』を追加
  4. 高根島

    敬老
  5. 能美島

    往還
PAGE TOP