大崎下島

桜咲く天満宮


写真は大崎下島の御手洗地区にある天満宮。
参道を囲うように植えられた桜並木が、春には見事な桜回廊を作り上げます。
ここには菅原道真が口を漱いだとされる『菅公の井戸』があり、
その逸話が御手洗という地名の由来とも言われ、
大崎下島に訪れた際は、ぜひ足を運んで欲しい場所のひとつです。
瀬戸内海には大崎下島以外にも、桜の見所がたくさんあります。
Shima Project Web.では、そんな島々の桜情報をご紹介したページを新設しました。
ぜひ春の島巡りの参考にお役立て下さい。
◎島の桜情報 → http://www.shimaproject.jp/ShimaSakra.html

関連記事

  1. 大崎下島

    みかんの道

    傾斜地の畑から収穫したみかんを運び出すには、背負うか天秤棒を担…

  2. 大崎下島

    島の記憶 281 ー大崎下島・歴史の見える丘公園ー

    御手洗は古い港町だが、潮待ちでは沖に停泊していた為か船を岸に着…

  3. 大崎下島

    大長の長雁木

    大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろし…

  4. 大崎下島

    島の記憶 290 ー大崎下島・沖友ー

    沖友集落の夕涼みの場所になっているかつての共同井戸。以前開けた…

  5. 大崎下島

    沖友の櫂伝馬

    大崎下島・沖友に残る2杯の櫂伝馬を見せてもらった事がある。軽自動…

  6. 大崎下島

    錆びた魂

    物には魂が宿るという教えが、かつてこの国にあった。消費する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島沖友集落にある沖友天満宮
  2. 斎島の蛭児神社
  1. 能美島

    岸根
  2. 情島

    島の記憶 45 ー情島ー
  3. 山口県の島々

    桜の下で
  4. 小大下島

    島の記憶 132 ー小大下島・石窯跡ー
  5. 未分類

    大事な一歩!!
PAGE TOP