大崎下島

時間

便利さと忙しなさ。便利になることで縮まった時間は何処へ振り分けられたのか。
本来は余裕になるべき時間も、新たな忙しさを消費する為の物になってはいないだろうか。

手間を省く事で多くを抱え、物事ひとつひとつを疎かにしては意味がない。
少しずつの無理の積み重ねは、物事にあたる気構えを失わせてしまう。

縮めた時間は貯金のようなもので、手立ては人に教えたり見せたりするものではないのだろう。
どこにどう使うかは、その人次第。稼いだ時間を物事を充実させる力として費やしたい。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島の大長地区

    大崎下島

    島の記憶 216 ー大崎下島・大長ー

    11月からの4ヶ月間、久比を拠点に猟師10人が狩りをする。そう聞い…

  2. 大崎下島

    港町

    御手洗にある蛭子神社。境内から道路で切り離された鳥居が、海に向…

  3. 大崎下島

    沿海

    梅雨が明けて夏らしい空が増えた。暑い日が続くと、島の海辺が恋し…

  4. 島食・島土産

    土産

    とびしま海道を巡る時、都合がつけば立ち寄る場所がある。道路…

  5. 大崎下島

    島の記憶 285 ー大崎下島・久比ー

    島の循環線を気持ち良く走っていると、あっという間に通り過ぎてし…

  6. 広島県の島々

    思い出の味

    大崎ラムネの名は、ネットで検索しても、地方史をまとめた本でも見つか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 能美島

    戦場
  2. 大崎下島

    錆びた魂
  3. 大崎上島

    きのえ十七夜祭
  4. 能美島

    沖浦
  5. 広島県の島々

    俯瞰
PAGE TOP