大崎下島

時間

便利さと忙しなさ。便利になることで縮まった時間は何処へ振り分けられたのか。
本来は余裕になるべき時間も、新たな忙しさを消費する為の物になってはいないだろうか。

手間を省く事で多くを抱え、物事ひとつひとつを疎かにしては意味がない。
少しずつの無理の積み重ねは、物事にあたる気構えを失わせてしまう。

縮めた時間は貯金のようなもので、手立ては人に教えたり見せたりするものではないのだろう。
どこにどう使うかは、その人次第。稼いだ時間を物事を充実させる力として費やしたい。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    うつろい

    大崎下島の柿は味良く樽柿と称され、明治の頃は少量が販売されてい…

  2. 大崎下島

    島の記憶 62 ー大崎下島・歴史の見える丘公園ー

    初めて訪れた頃に比べ、随分と観光客が増えた気がする。橋と船で繋がる…

  3. 広島県の島々

    思い出の味

    大崎ラムネの名は、ネットで検索しても、地方史をまとめた本でも見つか…

  4. 広島県の島々

    季節外れの黄砂

    昨年11月に大長に訪れた時、季節外れの黄砂に見まわれた。せっか…

  5. 大崎下島

    天仰ぐ

    どんなに手を尽くしても、最後はやはり天候に左右される農作物。天候不…

  6. 広島県の島々

    続・中谷さんからいただいた『みかん』と『れもん』

    左が、以前書いたようにその芳醇さに驚いた宝韶寿(ほうしょうじゅ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岡村島

    それでも海へ
  2. 大崎下島の大長地区

    大崎下島

    島の記憶 216 ー大崎下島・大長ー
  3. 山口県の島々

    大津島『刈尾海水浴場』オープン!!
  4. 大崎下島

    春よ来い。
  5. 浮島

    ゴミを持ち帰ろう!
PAGE TOP