大崎下島

時間

便利さと忙しなさ。便利になることで縮まった時間は何処へ振り分けられたのか。
本来は余裕になるべき時間も、新たな忙しさを消費する為の物になってはいないだろうか。

手間を省く事で多くを抱え、物事ひとつひとつを疎かにしては意味がない。
少しずつの無理の積み重ねは、物事にあたる気構えを失わせてしまう。

縮めた時間は貯金のようなもので、手立ては人に教えたり見せたりするものではないのだろう。
どこにどう使うかは、その人次第。稼いだ時間を物事を充実させる力として費やしたい。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    島の記憶 90 ー大崎下島・小長港ー

    視界数十メートルの濃霧が次第に晴れ、薄らと姿を現す中之島と岡村島。…

  2. 大崎下島

    ももの世界

    映画『ももの手紙』にも登場した雑貨店。あまりにも印象的な外観か…

  3. 大崎下島

    春の東風崎神社にて

    ここで撮ろう。とカメラを構えるお父さん。私はええんです。と止まろうと…

  4. 大崎下島

    昭和の日

    軒下に並べられた額に収まるのは昭和のスター。その肖像画が店…

  5. 大崎下島

    旬の味『大長みかん』

    大崎下島の大長地区を訪れてからもう1年が経ったのかと驚くばかり…

  6. 大崎下島

    島の記憶 103 ー大崎下島・大長ー

    昭和59年の本に記載されていた大長への行き方では、フェリー・高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 柱島

    現役
  2. 大崎上島・木江 東京家族の平山周吉宅

    大崎上島

    島の記憶 274 ー大崎上島・木江ー
  3. 似島

    養殖
  4. 岩城島

    島の記憶 125 ー岩城島・西部ー
  5. 沖家室島

    島の記憶 419 ー沖家室島・洲崎ー
PAGE TOP