阿多田島

通過

いつの間にか蝉の声は遠く、台風は近づくようになり八月が終わる。
思い返せば夏らしいことをしておらず、このまま季節が終わってしまうのは寂しい。

厳しい暑さも一日中空調の効いた建物で過ごしていては感じられない。
らしさを得るには日々の生活に自らの演出が必要なのだろう。

毎日同じ事を繰り返している内に、季節は立ち止まることなく通り過ぎてゆく。
できない言い訳はいくらでも考えつくが、諦めずささやかな演出を考えようと思った。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → https://www.shimaproject.jp/



関連記事

  1. 阿多田島

    ひといき

    『海の家あたた』への分かれ道に錆びた脚で立っていた『きゅうけい…

  2. 阿多田島

    島の窓

    島の町並みを歩く楽しみのひとつに『 窓 』がある。最近では…

  3. 阿多田島

    時の流れ

    写真を撮り始めた頃、それまでは意識することもなかった電柱・電線…

  4. 阿多田島

    観音山山頂の眺め

    2010年4月に訪れた阿多田島。写真はその阿多田島にある観…

  5. 阿多田島

    指標

    高齢化が進む柑橘農家にとって傾斜地での農作業は負担が大きい。…

  6. 阿多田島

    島の記憶 136 ー阿多田島・眺望ー

    夕陽を浴びた猪子島が奇麗で、急いで高台に登った。どちらかと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    橋が架かって①
  2. 豊島

    漁船
  3. 生口島

    回帰
  4. 大崎下島

    天仰ぐ
  5. 生口島

    石像アート
PAGE TOP