大崎上島

伝統

大崎上島にある『海と島の歴史資料館』に、伝統行事『櫂伝馬競漕』の歴史が展示されている。
写真は同島の浦の名前などが記された櫂。水主(かこ)は方舷に7人ずつ、一艘は14丁で進む。

全国に存在する櫂伝馬船の4割強を保有し、競漕が行われる祭りが年に2回ある大崎上島。
その光景が国土交通省の『島の100景』にも選ばれている一方で、厳しい現実がある。

船は約10年に一度新造するそうだが、船大工の継承者が絶え将来が危ぶまれているという。
瀬戸内の島々で繰り広げられる櫂伝馬競漕。昔話にしないために何が必要なのだろう。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎上島

    夕焼

    夕焼けを見ると嬉しくなる。見入ると同時に、今何人の人が気づいて…

  2. 大崎上島

    Report & Photo Galleryに『大崎上島』を追加!!

    本日、ShimaProject Web.に『大崎上島』のRep…

  3. 大崎上島

    明日

    もうすぐ東日本大震災から一年が経つが、被災地では先の見えない日…

  4. 大崎上島

    境目

    県境で切り落とされた地図が天気予報の画面上に表示されたりする。…

  5. 大崎上島

    島の記憶 69 ー大崎上島・木江ー

    港町として栄えた頃の木造建築物が多く残る、時が止まったかのよう…

  6. 大崎上島

    5階建て

    大崎上島の木江に、いまなお残る木造5階建ての建物。大正6年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 豊島

    島の記憶 256 ー豊島・内浦ー
  2. 似島

    ふふふふふ
  3. 広島県の島々

    季節外れの黄砂
  4. 鹿島

    悠遠
  5. 未分類

    24の季節
PAGE TOP