フェリー・旅客船

任務

宇品には出征兵士を送り出した歴史があり、広島駅から繋がる軍用鉄道もあった。
日清戦争開戦直後に完成し、日露、太平洋戦争と兵士を運び、今は僅かにその痕跡を残すだけ。

逃れられない大きな力に命を委ね、兵士達はどんな気持ちで電車に乗り、港に着いたのだろう。
沖に浮かぶ島影は昔と変わらないが、整備されたこの場所で当時を想像するのは難しい。

消えゆく戦争の記憶をどんな形であれ、とどめておかなければいけないと思う。
そして戦争を知らない世代は知っておく必要があるのではないか。もうすぐ八月を迎える。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    明合

    随分と日没が早くなった。強烈な西日の中を帰宅したのが既に遠い日…

  2. フェリー・旅客船

    染まる

    通勤や通学に使われる高速船が、淡々と人を運ぶ姿を何度も見送った…

  3. フェリー・旅客船

    出張

    能美島へ向かう途中、似島沖で見慣れぬフェリーと行き違う。正…

  4. フェリー・旅客船

    明暗

    30年前に撮られた広島湾の映像を見た。きらきらと眩しい海を行き…

  5. フェリー・旅客船

    惜別

    江田島市の所有する『ドリームのうみ』が、再び働く場所を失い売却…

  6. フェリー・旅客船

    晩秋

    間合い無く、いきなり。今年の四季の移り変わりには、あまり情緒を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 柱島

    柱島
  2. 岡村島

    島の記憶 114 ー岡村島・岡村港ー
  3. 大崎上島

    目前
  4. 大崎上島

    新開
  5. 豊島

    島の記憶 66 ー豊島・小野浦ー
PAGE TOP