フェリー・旅客船

任務

宇品には出征兵士を送り出した歴史があり、広島駅から繋がる軍用鉄道もあった。
日清戦争開戦直後に完成し、日露、太平洋戦争と兵士を運び、今は僅かにその痕跡を残すだけ。

逃れられない大きな力に命を委ね、兵士達はどんな気持ちで電車に乗り、港に着いたのだろう。
沖に浮かぶ島影は昔と変わらないが、整備されたこの場所で当時を想像するのは難しい。

消えゆく戦争の記憶をどんな形であれ、とどめておかなければいけないと思う。
そして戦争を知らない世代は知っておく必要があるのではないか。もうすぐ八月を迎える。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    発見

    宮島桟橋に見慣れぬフェリー。調べてみると忽那諸島〜松山間を結ぶ…

  2. フェリー・旅客船

    待宵

    呉港で見かけた瀬戸内海汽船のクルーズ船『銀河』。チャーター…

  3. フェリー・旅客船

    あかり

    船で渡った島で夕景を撮ると帰りは日没後。暗く沈んだ海を前に…

  4. フェリー・旅客船

    思惑

    行きたくても航路がないという島がたくさんある中、船が行き来して…

  5. フェリー・旅客船

    遊覧

    『宮島ライトアップ しまあかりクルーズ』が、9月29日までの土…

  6. フェリー・旅客船

    惜別

    江田島市の所有する『ドリームのうみ』が、再び働く場所を失い売却…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 浮島

    足下アート
  2. 佐木島

    廃止
  3. 大崎上島

    一点
  4. 斎島

    解体
  5. 豊島

    場所
PAGE TOP