未分類

繋留

役目を終えたのか、古びた係留索が桟橋に積まれていた。
揺れ動く船と岸を繋いで幾年月。色褪せ摩耗した様子が頼りなく見えた。

太さ長さは異なるが、船体が大きくなれば本数も増え、張る場所により名前がついている。
目的は同じでも一本一本それぞれに役割があるのだ。

大切な人と自分を繋いでいるものは何だろう。いつの間にかそれが脆くなっているやも。
確実なものなど無い今だからこそ、思わぬところで切れてしまうことは避けたい。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 未分類

    船出

    明日は広島に原子爆弾が投下された日。県内外からたくさんの人…

  2. 未分類

    雪の広島港

    今日は朝から雪雪雪。低気圧の影響で、温暖な瀬戸内地方も雪に包まれまし…

  3. 未分類

    新年

    明けましておめでとうございます。島プロジェクトを始めて丸10年…

  4. 未分類

    一度は行ってみたい、牡蠣の食べ放題 !

    秋冬の瀬戸内海といえば柑橘類のイメージが強いですが、もう一つ、瀬戸…

  5. 未分類

    永続

    上蒲刈島大浦地区の櫂伝馬船が、60年ぶりに2隻新造された。…

  6. 未分類

    震える海

    次々と飛び込む津波の衝撃的なニュース映像に言葉を失った。東…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    季節の味
  2. 倉橋島

    櫛比
  3. お知らせ

    『 島おばあちゃんのくるま 』ページを新設!
  4. 小大下島

    島の記憶 229 ー小大下島ー
  5. 大津島

    島の記憶 18 ー大津島・刈尾ー
PAGE TOP