下蒲刈島

共存

気ままに生きたくとも、環境がそれを許さない場合がある。
誰もひとりでは生きられない。とは、あたたかくもあり厳しくもある言葉だ。

縁に縛られてしまえば安心を得る代わりに自由は失われ、解放は孤独と引き換えとなる。
しかし、頼れるはずであり責任を果たすべき共同体の力とは現在どれほどのものなのだろうか。

様々な人との関わりの中で感情が揺れ動く時、誰を感じるだろう。誰に伝えたいだろう。
心の拠となる人がいるかいないかで、不自由な人間関係の中でも生き方は大きく変わりそうだ。

NAWATA

<最新取材島『下蒲刈島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 下蒲刈島

    ならでは。

    町並みや景観、ゆったりと感じる時の流れ。島ならではと感じるモノ…

  2. 下蒲刈島

    安芸灘大橋の助成事業が延長しています。

    平成26年3月30日まで延長されている安芸灘大橋の助成事業。…

  3. 下蒲刈島

    シーズン突入。

    先週から各地の海水浴場で、続々と海開きの声が聞こえてきますが、…

  4. 下蒲刈島

    環境

    下蒲刈島沖にある下黒島。採石場と聞いたが、調べてみると既に最終…

  5. 下蒲刈島

    島の記憶 35 ー下蒲刈島・三之瀬ー

    暗記できそうなバスの時刻表。必要最低限という言葉が宛がわれたよ…

  6. 下蒲刈島

    防備

    桜にはまだ早い下蒲刈島・大平山公園。頂上付近に太平洋戦争時の砲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 下蒲刈島

    共存
  2. 上蒲刈島

    記録
  3. 柱島

    島の記憶 292 ー柱島・柱島港ー
  4. 田島

    行事
  5. 百島

    時報
PAGE TOP