長島

里海

手前左から裸島、美加子島、箕島の向こうに鉄塔の立つ臼島、折免島、遠く契島が見えている。
穏やかに広がる海は大崎上島と橋で繋がる長島からの眺め。

この辺りは内浦と呼ばれ、春には藻場に瀬戸内の魚が多く産卵に訪れ小さな生命を育む。
かつて刈り取った藻は岸で乾燥させ、畑の肥料として使われ大地も育んでいたという。

知恵と努力で目の前の自然を活用していたのは、海が身近で共に生きていたということ。
人が関わるからこそ維持できる自然というものもある。里海・里山がこれ以上減らない事を願う。

NAWATA

<最新取材島『大崎上島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎上島

    継続
  2. 小大下島

    不安
  3. 大下島

    島の記憶 93 ー大下島・友入ー
  4. 山口県の島々

    見えぬ先
  5. 岩城島

    入口
PAGE TOP