大崎下島

大長の長雁木


大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろしができるように、
人工で造られた入り江『北堀』と『南堀』の一部に石で築かれた階段状の護岸で、
大正・昭和とみかん栽培が最も盛んだった頃の大長を物語るモノのひとつだ。
しかしその雁木も、遠からず姿を消す。
写真は2年前に訪れた大崎下島・大長地区の北堀を撮影したもの。
高潮で度々冠水するこの地域の安全対策として、今後約10年をかけて護岸改修工事が行われる予定。
古い雁木を残す工法はコストが合わず断念せざるをえなかったようで、
せめてモニュメントにでもと、いまは雁木の一部の石をベンチとして再利用したそうだ。
今回のケースに限らず、地元住民の生活環境や遺構等の維持管理費といった様々な問題をクリアし、
歴史や文化を後世に残し繋ぐことは、容易ではないことを改めて感じた。
Nakagawa
<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大崎下島

    橋上

    安芸灘大橋、蒲刈大橋、豊島大橋、豊浜大橋。とびしま海道の橋を渡…

  2. 大崎下島

    ミカド島

    写真は大崎下島・久比から三角島を撮影したもの。以前、黒川が書い…

  3. 大崎下島

    島の記憶 9 ー大崎下島・大長ー

    現地で味わう島の恵み。時期により違う柑橘果汁が味わえる。こ…

  4. 大崎下島

    海辺

    一気に夏が来たようで、猛暑日、真夏日、熱帯夜と暑い日が続いてい…

  5. 大崎下島

    うつろい

    大崎下島の柿は味良く樽柿と称され、明治の頃は少量が販売されてい…

  6. 大崎下島

    旬の味『大長みかん』

    大崎下島の大長地区を訪れてからもう1年が経ったのかと驚くばかり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 因島

    縮図
  2. 倉橋島

    夏一直線。
  3. フェリー・旅客船

    惜別
  4. 厳島

    未完の空間美
  5. 大崎下島

    今年は『菊みかん』ですよ〜。
PAGE TOP