大崎下島

大長の長雁木


大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろしができるように、
人工で造られた入り江『北堀』と『南堀』の一部に石で築かれた階段状の護岸で、
大正・昭和とみかん栽培が最も盛んだった頃の大長を物語るモノのひとつだ。
しかしその雁木も、遠からず姿を消す。
写真は2年前に訪れた大崎下島・大長地区の北堀を撮影したもの。
高潮で度々冠水するこの地域の安全対策として、今後約10年をかけて護岸改修工事が行われる予定。
古い雁木を残す工法はコストが合わず断念せざるをえなかったようで、
せめてモニュメントにでもと、いまは雁木の一部の石をベンチとして再利用したそうだ。
今回のケースに限らず、地元住民の生活環境や遺構等の維持管理費といった様々な問題をクリアし、
歴史や文化を後世に残し繋ぐことは、容易ではないことを改めて感じた。
Nakagawa
<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大長みかんの菊みかん

    大崎下島

    菊みかん

    柑橘農家の間では、表面に凹凸があるみかんを『菊みかん』と呼ぶ。…

  2. 大崎下島

    春の住吉神社

    桜の季節も足早に過ぎ、気がつけば5月に突入しました。寒の戻りで…

  3. 大崎下島

    港町

    御手洗にある蛭子神社。境内から道路で切り離された鳥居が、海に向…

  4. 広島県の島々

    巨大みかん!?

    大長港で『さすが柑橘王国』と思わせるオブジェを発見した。用もな…

  5. 大崎下島

    第35回 豊町七夕納涼祭

    豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。致し方な…

  6. 大崎下島

    視野

    史書でイノシシやシカに田畑が荒らされていたという、江戸時代の被…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. お知らせ

    島の桜情報ページを開設しましたー。
  2. 岩城島

    島の記憶 86 ー岩城島・祥雲寺ー
  3. 柱島

    浄化
  4. 生名島

    立石山からの眺望
  5. 大崎下島

    昭和の日
PAGE TOP