因島

痕跡


崩れたのか壊したのか分からない石積みの波止が、引き潮に現れていた。
江戸時代、椋浦港が廻船(海運)業で栄えた頃のものなのだろうか。
椋浦の輸送力は因島一。広島藩一という文政年間(19世紀初頭)の記録も残っているそうだが、
港に千石船が並び、民家300軒と言われた頃の名残を現在の集落に見つけるのは困難だ。
因島廻船は、遠く東北・北陸地方の年貢米輸送にも携わっていたというから驚く。
板子一枚下は地獄と例えられた船乗りの仕事。風と潮が頼りの航海の苦労は、想像するしかない。
NAWATA
<今回取材した『因島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 因島

    島の記憶 65 ー因島・鏡浦ー

    鳥居の額束には御手洗神社とあるが、名称は厳島神社。境内には小さ…

  2. 因島

    信仰

    五百羅漢とは尊敬されるべき仏の500人の弟子という意味らしい。…

  3. 因島

    バス停の椅子

    路線バスが通っている島では、バス停のそばにベンチではなく、手作…

  4. 因島

    縮図

    標高207mの天狗山にある因島公園からの眺望。手前右から鶴…

  5. 因島

    観光マップ

    しまなみ海道・とびしま海道ともに、本当に多くのサイクリストを見かける…

  6. 因島

    矛盾

    自然がなければ生きてゆけないのに、自らの快適さを優先させるのが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 斎島

    斎島の係船柱
  2. 弓削佐島

    信心
  3. 厳島

    提灯
  4. 小大下島

    島の記憶 97 ー小大下島ー
  5. 未分類

    2011広島みなと 夢 花火大会
PAGE TOP