因島

痕跡


崩れたのか壊したのか分からない石積みの波止が、引き潮に現れていた。
江戸時代、椋浦港が廻船(海運)業で栄えた頃のものなのだろうか。
椋浦の輸送力は因島一。広島藩一という文政年間(19世紀初頭)の記録も残っているそうだが、
港に千石船が並び、民家300軒と言われた頃の名残を現在の集落に見つけるのは困難だ。
因島廻船は、遠く東北・北陸地方の年貢米輸送にも携わっていたというから驚く。
板子一枚下は地獄と例えられた船乗りの仕事。風と潮が頼りの航海の苦労は、想像するしかない。
NAWATA
<今回取材した『因島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 因島

    マジックアワー

    ポツポツと次第に数を増していく瀬戸の灯と残照。因島公園展望台か…

  2. 因島

    観光マップ

    しまなみ海道・とびしま海道ともに、本当に多くのサイクリストを見かける…

  3. 因島

    つながり

    先日、瀬戸内しま博覧会(仮称)の概要が新聞発表されていましたね。…

  4. 因島

    Reporto&Photo Galleryに『因島』を追加

    本日、Shimaproject Web.に『因島』のReporto…

  5. 因島

    信仰

    五百羅漢とは尊敬されるべき仏の500人の弟子という意味らしい。…

  6. 因島

    白滝山の五百羅漢

    約420年前に村上水軍の6代目当主、村上吉充が観音堂を建立したと伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    黄幡
  2. 三角島

    朦朧
  3. 似島

    夏が来た
  4. 大崎下島

    みかんの道
  5. 岩城島の地棟

    岩城島

    島の記憶 226 ー岩城島・岩城ー
PAGE TOP