百島

重厚


百島造船に近い浜辺で見かけた小さな一艘の船。
使い込まれた船体に時の重みを感じ、風格さえ漂わせているように見えた。
ここ百島で毎年1月に行われる伝統行事『お弓神事』が尾道市無形民俗文化財に指定された。
伝統と県内弓神事中、最大の射手であることに加え地域親睦の場になっているのが選定理由だという。
一朝一夕でできたものには出せない、積み重ねによって生まれる説得力。
幾度となく海へ出たであろう船、室町時代に起源を持つ神事、どちらにも格好良さを感じる。
NAWATA
◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 広島県の島々

    百島の道祖神

    百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。島の至る所で…

  2. 百島

    燈籠

    泊港にある波止の先に立つ石燈籠。灯台の役目を果たしていたものを…

  3. 広島県の島々

    海路ならでは

    常石港(福山市沼隈町)から福田港(百島)まで、約10分間の船旅…

  4. 百島

    ともしび

    一本の街灯が照らせる範囲には限界がある。二本になれば光の重…

  5. 百島

    時報

    このスピーカーから放たれたであろう正午のサイレンを海辺で聞いた…

  6. 百島

    映画

    百島で見かけた映画館跡。上映時には島内へ向け案内の放送が流れた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 似島

    島の小さな消防車
  2. 豊島・豊島港で第八同栄丸

    豊島

    島の記憶 196 ー豊島・豊島港ー
  3. 大崎下島

    島の記憶 201 ー大崎下島・立花ー
  4. 生口島

    懐旧
  5. 沖家室島

    島の記憶 227 ー沖家室島・本浦ー
PAGE TOP