広島県の島々

百島の道祖神


百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。
島の至る所で見受けられ、『一軒に一道祖神?』と思うほどの多さでした。
塞神(さえのかみ、さいのかみ)ともいう道祖神。
ご存知のとおり、主には村や集落の守り神としてその境に置かれ、
厄才を防ぐ結界の役割をはたしているのですが、違う角度からみてみると、
その家、その村落の『裕福度をはかるバロメーター』ともいえます。
道祖神をつくるには当然お金がかかるため、そのお金を捻出できない村落や家々では、
程よい(ご利益のありそうな?)石を配置してその変わりとしていたそうです。
たぶん昔は、このケースの方が多かったと推測しますが、
のちに裕福になった家は、道祖神代わりにしていた石を本物の道祖神に変えていき、
また何かのきっかけで村全体が裕福になった場合は、
村全体がいっせいに石を道祖神に変えたいったそうです。
それで有名になったのが安曇野(長野県安曇野市)ですが、そういう観点からみると、
百島は昔から裕福な家々が多かったと、伺い知ることができますね。
Nakagawa
<島プロジェクトで取材した各島の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 広島県の島々

    そこにある

    午後から思いつきで似島へ出かけた。宇品港からフェリーで片道20…

  2. 広島県の島々

    心に希望を

    写真に写っている集落は百島の『泊』地区。本村からこの泊に向かう…

  3. 百島

    島の記憶 100 ー百島・本村ー

    百島の由来のひとつに、桃樹が多い事から桃島。やがて『桃』が『百』に変…

  4. 広島県の島々

    二番槍!?

    百島泊地区の海岸線を歩いていたときのこと。『キーン、キーン』と金属…

  5. 広島県の島々

    腰細浦神社

    ちょうど3年前の今日(2008年1月5日)、七浦巡りの第三拝所にな…

  6. 百島

    光景

    水面に映る明かりを揺らし、闇の中を浮かぶように進むフェリーの姿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 岡村島

    瀬戸
  2. 岩城島

    島の記憶 86 ー岩城島・祥雲寺ー
  3. 大下島・早津佐神社

    大下島

    島の記憶 192 ー大下島・早津佐神社ー
  4. 大津島

    寄添
  5. 似島

    島の記憶 95 ー似島・荒掛灘ー
PAGE TOP