大津島

桜の下で

国に命を捧げることが当然という時代に、特攻隊の彼等は生まれた。
立派に死ねと教育され、それを疑う余裕も与えられないまま戦地に送られる。

何故逃げ出さなかったのだろうかと、
そこで簡単に想像を終えてしまってはいけない。

持てる限りの想像力で、誰もが彼等の立場になって考えてみる努力をしなければ、
同じ過ちを繰り返し兼ねない気質を私たちは持っているように思える。

NAWATA

◎島プロジェクトホームページに14番目の島となる『大津島』を追加いたしました。
 どうぞご覧下さい。
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 大津島

    島の記憶 18 ー大津島・刈尾ー

    大阪城の城壁にも使用されたことで有名な大津島の御影石。切り…

  2. 山口県の島々

    Report & Photo Galleryに『大津島』を追加!!

    本日、Shimaproject Web.に『大津島』のReport…

  3. 大津島

    風に乗る

    馬島港待合所前に停めてあった『しおかぜ号』は、釣り目的以外の来…

  4. 山口県の島々

    刈尾海水浴場

    とにかく長く綺麗な砂浜と青く澄んだ海が印象的だった大津島の『刈尾海…

  5. 大津島

    寄添

    人の気持ちは、その立場にならない限り分かりはしない。考え込むよ…

  6. 大津島

    硝子

    硝子製の浮き玉。ビン玉とも呼ばれる漁具で、網がかけてあるのは保…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 上関 長島

    梅干し。
  2. 似島

    島の記憶 253 ー似島・家下ー
  3. 斎島

    猪垣
  4. 魚島

    島の記憶 47 ー魚島ー
  5. 似島

    間近
PAGE TOP