弓削島

帰ろう

夕焼け小焼けで日が暮れて・・・
小焼けの意味には諸説あるようだが、日没後の残照で雲が焼けている状態かと思う。

童謡の中で春夏秋冬それぞれ歌われる日本の風景はやさしく長閑だが、
今ではそれが遥か遠い世界になってしまったことに気づく。

小焼けを映して染まる海。
山のお寺の鐘は聞こえないけれど、童謡を口ずさみたくなるような風景だった。

NAWATA

関連記事

  1. 弓削島

    久司山展望台からの眺望

    写真は2009年9月に訪れた弓削島の『久司山展望台』から、燧灘…

  2. 弓削島

    とどけ

    燧灘(ひうちなだ)を望んで建つ弓削神社。前身といわれる浜戸…

  3. 弓削島

    島の記憶 80 ー弓削島・周回道路ー

    手前が豊島、奥の小高い山があるのは高井神島、真ん中が魚島、その左が江…

  4. フォトムービー

    弓削島フォトムービー

    フォトムービー第10弾『弓削島』をアップしました。広島県と…

  5. 弓削島

    島の記憶 37 ー弓削島・下弓削ー

    法王ヶ原の松林。燧灘に向かって広がる松原海水浴場が強く印象に残…

  6. 弓削島

    断崖に建つ

    島をまわっていると『何故そこに?』と思う光景に時々出会う。『ど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    今年の出来は?
  2. フェリー・旅客船

    晩秋
  3. 似島

    間近
  4. 阿多田島

    団地
  5. 柱島

    島の記憶 156 ー柱島ー
PAGE TOP