豊島

あるがまま

青く澄んだ海を見ると嬉しくなる。
出会う風景の中、自然が当たり前の姿であることの幸せ。

歩けない山、泳げない海、住めない土地。
もし自分の生まれ育った故郷がそうなってしまったら。

噴火によって故郷を離れざるを得なかった三宅島の人々。
避難指示解除になったのは4年5ヶ月後のことだった。

東北の豊かな大地、豊かな海に見えない影が落ちて三週間。
自然が本来の姿に戻るのは、一体いつになるのだろう。

NAWATA

◎島プロジェクトホームページに『大崎下島 大長』を追加いたしました。
 どうぞご覧下さい。
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

関連記事

  1. 豊島

    気持

    埋立てた上を走る道路と旧道の間。安全地帯のような場所にあった地…

  2. 広島県の島々

    豊島ラーメン

    豊島内浦地区でみつけた魚屋さん。その軒先に貼ってあった手書きのPO…

  3. 広島県の島々

    感謝の心

    豊島小学校近くの壁面に描かれていたスライムの絵。おそらくは豊島…

  4. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

  5. 豊島

    場所

    『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』の冒頭で、瀬戸内の古き良き風…

  6. 豊島

    島の記憶 59 ー豊島・小野浦ー

    駕篭でもなければ大型犬の小屋でもない。傍らの日向に強面の漁師の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎下島

    秋到来
  2. 大崎下島

    大長の長雁木
  3. 越智大島

    島の記憶 270 ー越智大島・カレイ山展望台ー
  4. 厳島

    天気雨
  5. 情島の夏みかん

    情島

    島の記憶 176 ー情島ー
PAGE TOP