大崎下島

うつろい

大崎下島の柿は味良く樽柿と称され、明治の頃は少量が販売されていたそうだ。
樽柿とは酒樽に詰め、樽に残ったアルコール分で渋みを抜いた甘い柿をいうので、
それくらい美味しい柿という意味だったのだろうか。
軒下に吊るされた干し柿は秋の風物詩だが、今では見る機会も少なくなった。

みかんで有名な大長地区は明治の中頃までは桃の産地。
栽培されていたのは生食用のものでなく、奈良漬や薬用に用いる品種だったそうだが、
その花が見事で、当時は県内各港から船に乗って花見客が訪れていたというから、
海に浮かぶ桃山となった島の春の賑わいを想像させる。

桃の節句も終わり暦は春へ向っているが、寒の戻りで気温の低い日が続いている。
寒いと菜の花や桜の花が咲く春が待ち遠しくなる。
島を巡る中で佐木島、伯方島、阿多田島を春に訪れてきた。
今年はどこの島で春を切り取ろう。

NAWATA

関連記事

  1. 大崎下島

    島の記憶 124 ー大崎下島・御手洗ー

    見渡す限り柑橘畑じゃったんよ。とは御手洗で出会ったおじいさんの言葉。…

  2. 大崎下島

    時間

    便利さと忙しなさ。便利になることで縮まった時間は何処へ振り分け…

  3. 大崎下島

    北堀

    1981年公開の『男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎』に、大長の風…

  4. 広島県の島々

    思い出の味

    大崎ラムネの名は、ネットで検索しても、地方史をまとめた本でも見つか…

  5. 大崎下島

    面影

    瀬戸内で作られていた蜜柑の最盛期の表現に、耕して天に至るという…

  6. 大崎下島

    島の記憶 57 ー大崎下島・沖友ー

    とびしま海道を走り回った一日。日没も過ぎて予定を終える頃、音も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 阿多田島

    学校
  2. 未分類

    海上航路
  3. 津島

    津島
  4. 斎島

    島の記憶 16 ー斎島ー
  5. 柱島

    島の記憶 52 ー柱島・賀茂神社ー
PAGE TOP