大崎下島

みかんの道

傾斜地の畑から収穫したみかんを運び出すには、背負うか天秤棒を担いで山を下るしかなかった中、
みかんの簡易索道は画期的な運搬方法として四国宇和島で生まれ広まったらしい。

モノレールや農道の整備が進みトラックが山に上がれるようになると、
運搬効率に劣る索道は次第に廃れていったようだ。

家でみかんを箱買いし、火燵で毎日食べていたのは何時ごろまでだっただろう。
みかんの黄金期を支えた道のひとつを記憶しておきたい。

NAWATA

関連記事

  1. 広島県の島々

    御手洗最大の茶屋『若胡子屋』跡

     若胡子屋は『大崎下島・御手洗』地区に現存する江戸時代の茶屋(遊郭…

  2. 大崎下島

    桜咲く天満宮

    写真は大崎下島の御手洗地区にある天満宮。参道を囲うように植えら…

  3. 大崎下島

    山林

    江戸時代の山林管理は、官民で分つ現代とあまり変わりは無い。…

  4. 大崎下島

    大長散策。

    明治・大正・昭和と、各年代の家が建ち並ぶ大長。一所でこれだけ個…

  5. 大崎下島

    視野

    史書でイノシシやシカに田畑が荒らされていたという、江戸時代の被…

  6. 大崎下島

    第35回 豊町七夕納涼祭

    豪雨災害が起きて以降、各地で花火大会が中止された。致し方な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    豊島大橋
  2. 大崎下島

    ミカド島
  3. 岩城島

    歳月
  4. 大津島

    島の記憶 24 ー大津島ー
  5. 鹿島

    島の記憶 106 ー鹿島・瀬戸ー
PAGE TOP