百島

ともしび

一本の街灯が照らせる範囲には限界がある。
二本になれば光の重なる場所は更に明るく、照らされる範囲は当然広くなり、
明かりの数が増えれば見える物も増えてゆく。

異業種を経験した人や年齢の違う人と出会い、会話をしていると、
自分の視野が広がってゆくような手応えを感じる。
物事を見る視点が増えると言った方がよいだろうか。

知らない事を知ったり、思わぬ発見があったり、確信を得たりと、
出会いは人生を豊かにしてくれる。
それが好きな写真を通してできた縁であれば、尚更嬉しい。

それぞれの明かりを持ち寄れば世界は広がる。
出会いの連鎖の中から、何か新しいものが生み出せるのではないだろうか。
そんな『ともしび』が、心の中に小さく灯っている。

NAWATA

Shima Project Web. そしてこのBLOGを見て下さった皆様、ありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。

関連記事

  1. 百島

    島の記憶 1 ー百島・泊ー

    家から海が驚くほど近い。防潮堤という垣根の低さが、この海の…

  2. 百島

    緑の谷

    柑橘類の畑だったと思われる場所が、ある植物に覆い尽くされていた…

  3. 広島県の島々

    心に希望を

    写真に写っている集落は百島の『泊』地区。本村からこの泊に向かう…

  4. 百島

    分かれ道

    島を歩く時は地図で大まかな位置関係だけを覚え、気の向くまま道を…

  5. 百島

    壊廃

    島で倉庫になっている廃車を見かけると、必ずというほど撮ってしま…

  6. 百島

    時報

    このスピーカーから放たれたであろう正午のサイレンを海辺で聞いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 広島県の島々

    夕陽を浴びて
  2. 能美島

    島の記憶 263 ー能美島・三吉ー
  3. 鹿島

    島の記憶 240 ー鹿島・鹿島大橋ー
  4. 鹿島

    島の記憶 108 ー鹿島・宮ノ口ー
  5. 厳島

    天気雨
PAGE TOP