百島

時報

このスピーカーから放たれたであろう正午のサイレンを海辺で聞いた。
朝昼晩とサイレンや音楽を鳴らすのは、防災行政無線の作動確認を兼ねているそうだ。

時計が一部の者の物でしかなかった頃、庶民は鐘や太鼓の音で時刻を知った。
江戸では捨て鐘といってまず3回打ち注意を促した後、時の数だけ鐘を打っていた。

鳴り終わるまでの間に何かひと仕事できそうだと考えるのは現代人。
その忙しなさを江戸の人に野暮だと笑われそうだ。

NAWATA

関連記事

  1. 百島

    道筋

    百島に大規模太陽光発電所が建設されるという。塩田跡地である…

  2. 百島

    5年間医師のいなかった百島に、他県から移住した医師がこの春に診…

  3. 百島

    僕らのカープ

    百島・泊漁港近くで見かけた掲示板。シーズン中、こまめに更新…

  4. 広島県の島々

    何?

    百島の周囲でみかけた建築物。一見オブジェにもみえる。特に泊を過…

  5. 広島県の島々

    小さな先客

    写真左が福山市、右が田島、その間に架かるのが内海大橋です。昨年…

  6. 百島

    燈籠

    泊港にある波止の先に立つ石燈籠。灯台の役目を果たしていたものを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 魚島

    意識
  2. フェリー・旅客船

    着岸
  3. 鹿島

    瀬戸の町並みと鹿島大橋
  4. 大崎下島

    島の記憶 305 ー大崎下島・大長ー
  5. 下蒲刈島

    ならでは。
PAGE TOP