百島

時報

このスピーカーから放たれたであろう正午のサイレンを海辺で聞いた。
朝昼晩とサイレンや音楽を鳴らすのは、防災行政無線の作動確認を兼ねているそうだ。

時計が一部の者の物でしかなかった頃、庶民は鐘や太鼓の音で時刻を知った。
江戸では捨て鐘といってまず3回打ち注意を促した後、時の数だけ鐘を打っていた。

鳴り終わるまでの間に何かひと仕事できそうだと考えるのは現代人。
その忙しなさを江戸の人に野暮だと笑われそうだ。

NAWATA

関連記事

  1. 百島

    僕らのカープ

    百島・泊漁港近くで見かけた掲示板。シーズン中、こまめに更新…

  2. 広島県の島々

    百島の道祖神

    百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。島の至る所で…

  3. 百島

    島の記憶 1 ー百島・泊ー

    家から海が驚くほど近い。防潮堤という垣根の低さが、この海の…

  4. 広島県の島々

    心に希望を

    写真に写っている集落は百島の『泊』地区。本村からこの泊に向かう…

  5. 広島県の島々

    二番槍!?

    百島泊地区の海岸線を歩いていたときのこと。『キーン、キーン』と金属…

  6. 百島

    光景

    水面に映る明かりを揺らし、闇の中を浮かぶように進むフェリーの姿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎上島・木江 東京家族の平山周吉宅
  1. 山口県の島々

    風に乗る
  2. 下蒲刈島

    環境
  3. 能美島

    島の記憶 145 ー能美島・美能ー
  4. 大崎上島

    島の記憶 19 ー大崎上島・明石ー
  5. 斎島

    迫る
PAGE TOP