百島

時報

このスピーカーから放たれたであろう正午のサイレンを海辺で聞いた。
朝昼晩とサイレンや音楽を鳴らすのは、防災行政無線の作動確認を兼ねているそうだ。

時計が一部の者の物でしかなかった頃、庶民は鐘や太鼓の音で時刻を知った。
江戸では捨て鐘といってまず3回打ち注意を促した後、時の数だけ鐘を打っていた。

鳴り終わるまでの間に何かひと仕事できそうだと考えるのは現代人。
その忙しなさを江戸の人に野暮だと笑われそうだ。

NAWATA

関連記事

  1. 広島県の島々

    海路ならでは

    常石港(福山市沼隈町)から福田港(百島)まで、約10分間の船旅…

  2. 百島

    映画

    百島で見かけた映画館跡。上映時には島内へ向け案内の放送が流れた…

  3. 百島

    壊廃

    島で倉庫になっている廃車を見かけると、必ずというほど撮ってしま…

  4. 百島

    ともしび

    一本の街灯が照らせる範囲には限界がある。二本になれば光の重…

  5. 百島

    店先

    泊港から福田へ戻る道すがら、迷い込むかたちで店先に出た。幼…

  6. 広島県の島々

    二番槍!?

    百島泊地区の海岸線を歩いていたときのこと。『キーン、キーン』と金属…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 下蒲刈島

    島の記憶 280 ー下蒲刈島・三之瀬ー
  2. 厳島

    初詣
  3. 百島

    店先
  4. フェリー・旅客船

    船旅
  5. フェリー・旅客船

    あかり
PAGE TOP