豊島

規則の中で

昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。
その時教わったのは、図案を考える時に凹凸比が重要だということ。
印鑑でいうと文字と枠が凸で、その他が凹となる面積の割合が凹凸比。

凹の面積が広いとクルマのタイヤが滑りやすくなってしまうので、
比率は1:1が望ましく、凸部分も強度の関係からある程度の太さが必要な上、
角は全て丸く処理するなど制約の多いデザイン作業だった。

凹部に色が入ると塗料の厚みによって凹凸比が下がるので、
こういう凹部が埋まったデザインは歩道にしか使うことができない。
歩道に設置されていなければ、デザインを見るゆとりもないのだが。

NAWATA

関連記事

  1. 広島県の島々

    橋が架かって①

    2007年の11月にメンバーと訪れた時はまだ完成前(その時の写真は…

  2. 豊島

    明日を信じて

    空襲でたくさんの人々が亡くなり、都市のほとんどが焦土と化した日…

  3. 豊島

    島の記憶 256 ー豊島・内浦ー

    丈夫で長持ち、何よりもデザインがお気に入りというオリジナルの背…

  4. 豊島

    島の記憶 50 ー豊島・小野浦ー

    島といえば漁業というイメージがあるが、実際ここまで船が居並ぶの…

  5. 豊島

    道を曲がる先で出会う人、出会う景色。さまざまな出会いに期待…

  6. 豊島

    島の記憶 275 ー豊島・山崎ー

    久しぶりに集落内を歩いてみる。初めて訪れた時を思い出しながら同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 倉橋島

    櫛比
  2. 因島

    夏の終わり
  3. 能美島

    島の記憶 317 ー能美島・岸根鼻ー
  4. 岡村島

    島の記憶 250 ー岡村島ー
  5. 柱島

    途絶
PAGE TOP