豊島

規則の中で

昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。
その時教わったのは、図案を考える時に凹凸比が重要だということ。
印鑑でいうと文字と枠が凸で、その他が凹となる面積の割合が凹凸比。

凹の面積が広いとクルマのタイヤが滑りやすくなってしまうので、
比率は1:1が望ましく、凸部分も強度の関係からある程度の太さが必要な上、
角は全て丸く処理するなど制約の多いデザイン作業だった。

凹部に色が入ると塗料の厚みによって凹凸比が下がるので、
こういう凹部が埋まったデザインは歩道にしか使うことができない。
歩道に設置されていなければ、デザインを見るゆとりもないのだが。

NAWATA

関連記事

  1. 広島県の島々

    橋が架かって②

    本州と島、そして島と島を繋ぐ橋。過日僕が感じたように、島民・島を訪…

  2. 豊島

    島味

    豊島のタチウオ漁は網を使わない一本釣りの為、傷が少ないことから…

  3. 豊島

    事情

    午後の港で干潮時を利用して漁船の手入れをする風景を眺める。…

  4. 豊島・小野浦港

    豊島

    島の記憶 194 ー豊島・小野浦ー

    天気の良い暖かな日に豊島を散策すると、島のあちこちで見かけるこんな…

  5. 豊島

    十年

    広島県6島と愛媛県1島の7島を7本の橋で結ぶ安芸灘とびしま海道…

  6. 豊島

    展示

    太平洋戦争中、日系人強制収容所で生まれた作品を集めた『尊厳の芸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 伯方島

    島の記憶 320 ー伯方島・開山ー
  2. 大崎上島

    石鎚神社分所『遥拝堂』
  3. 豊島

    島の記憶 383 ー豊島・内浦ー
  4. 広島県の島々

    思い出の味
  5. 未分類

    繋留
PAGE TOP