豊島

規則の中で

昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。
その時教わったのは、図案を考える時に凹凸比が重要だということ。
印鑑でいうと文字と枠が凸で、その他が凹となる面積の割合が凹凸比。

凹の面積が広いとクルマのタイヤが滑りやすくなってしまうので、
比率は1:1が望ましく、凸部分も強度の関係からある程度の太さが必要な上、
角は全て丸く処理するなど制約の多いデザイン作業だった。

凹部に色が入ると塗料の厚みによって凹凸比が下がるので、
こういう凹部が埋まったデザインは歩道にしか使うことができない。
歩道に設置されていなければ、デザインを見るゆとりもないのだが。

NAWATA

関連記事

  1. 豊島

    漁船

    豊島の漁船は美しい。中でも舳先に屋根付き倉庫が備わる船は別格。…

  2. 豊島

    「空き家が多いじゃろ?」と、道で出会ったおばあさんは笑って言っ…

  3. 豊島

    島の記憶 256 ー豊島・内浦ー

    丈夫で長持ち、何よりもデザインがお気に入りというオリジナルの背…

  4. 豊島

    天草

    港の隅に心太(ところてん)や寒天の原料となる天草を干す風景。…

  5. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

  6. 豊島

    事情

    午後の港で干潮時を利用して漁船の手入れをする風景を眺める。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大崎上島・木江 東京家族の平山周吉宅
  1. その他

    ご当地もの。
  2. 上関 長島

    梅干し。
  3. 広島県の島々

    御手洗最大の茶屋『若胡子屋』跡
  4. 広島県の島々

    腰細浦神社
  5. 旧阿多田島小学校よこの桜

    阿多田島

    島の記憶 222 ー阿多田島ー
PAGE TOP