豊島

規則の中で

昔、マンホールのデザインを手伝ったことがある。
その時教わったのは、図案を考える時に凹凸比が重要だということ。
印鑑でいうと文字と枠が凸で、その他が凹となる面積の割合が凹凸比。

凹の面積が広いとクルマのタイヤが滑りやすくなってしまうので、
比率は1:1が望ましく、凸部分も強度の関係からある程度の太さが必要な上、
角は全て丸く処理するなど制約の多いデザイン作業だった。

凹部に色が入ると塗料の厚みによって凹凸比が下がるので、
こういう凹部が埋まったデザインは歩道にしか使うことができない。
歩道に設置されていなければ、デザインを見るゆとりもないのだが。

NAWATA

関連記事

  1. 広島県の島々

    豊島温泉

    豊島の漁師の主なターゲットは太刀魚(タチウオ)で、その漁獲量は広島…

  2. 豊島

    島の記憶 199 ー豊島・小野浦ー

    漁師の家に庭は無いと何かで読んだ。密集する家屋を路地が迷路のよ…

  3. 広島県の島々

    豊島の人々

    「どこから来たのか?」と声をかけられることは多いですが、「撮っ…

  4. 豊島

    端午

    近年では甍の波よりも谷間や川の上を集団で泳ぐ風景を見かける鯉幟…

  5. 豊島

    明日を信じて

    空襲でたくさんの人々が亡くなり、都市のほとんどが焦土と化した日…

  6. 豊島

    駐車

    使い続けることで生まれるヤレや、修理修復された痕跡、使いやすく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 積善山三千本桜
  1. 上関 長島

    上関水軍まつり
  2. 大崎下島

    島の記憶 201 ー大崎下島・立花ー
  3. 弓削島

    帰ろう
  4. 阿多田島

    時の流れ
  5. 下蒲刈島

    島の記憶 185 ー下蒲刈島・見戸代港ー
PAGE TOP