似島

かい

この塊はカキの幼生を付着させ、筏の下に吊るしてカキを育てる付着器。
戦後しばらくまでは、カキ殻やセト貝殻、イタヤ貝殻で作られていたが、
昭和30年代後半からホタテ貝殻に代わった。

夏以降、外来生物であるムラサキイガイ(ムール貝)が大量に養殖のカキにつき、
その駆除に広島湾のカキ業者は手を煩わせられたと新聞で読んだ。
駆除の理由はカキの餌を食べ、育ちを悪くしてしまうから。

ムラサキイガイは足糸というものを使い移動できるため生存競争に強く、
カキ養殖にとって最大の敵なのだそうだ。
そんな強敵から守られて、大切に育てられたカキの季節が始まった。

NAWATA

関連記事

  1. 似島

    島の記憶 14 ー似島ー

    一体どれ程の船を見かけただろうか? 時間帯やポイントによって印象が…

  2. 広島県の島々

    似島『大黄港』

    写真と関係ない話題から入るのもなんですが、昨日は島プロジェクト…

  3. 似島

    島の記憶 67 ー似島・似島港ー

    キリンのような古い波止。現在の桟橋ができるまで、ここが島の玄関…

  4. 似島

    夏が来た

    似島臨海少年自然の家の海水プールの前を通った。歓声の聞こえ…

  5. 似島

    島の記憶 58 ー似島・砂利船ー

    砂利船の島とも呼ばれる似島。夕暮れ時の似島沖には、この島な…

  6. 広島県の島々

    安芸の小富士

    安芸の小富士で有名な似島を本土から撮影。この角度が一番富士山に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大下島

    島の記憶 241 ー大下島・大下港ー
  2. 弓削島

    久司山展望台からの眺望
  3. 大崎下島

    海辺
  4. 阿多田島

    阿多田島と釣り
  5. 大崎上島

    島の記憶 19 ー大崎上島・明石ー
PAGE TOP