フェリー・旅客船

ひととき

瀬戸内海汽船の『銀河』は、ランチ・ディナークルーズなど、
船上で過ごすことを目的とするクルーズ船。
見慣れた湾内の景色も港を離れ海上へ出れば視点も変わり、
島から陸地を見るように思わぬ発見があるかもしれない。
それは地理的なものも勿論あるが、心理的なものもあると思う。

NAWATA

関連記事

  1. フェリー・旅客船

    染まる

    通勤や通学に使われる高速船が、淡々と人を運ぶ姿を何度も見送った…

  2. フェリー・旅客船

    月夜

    穏やかな水面に光を落とし、桟橋で出港を待つフェリー。闇が迫…

  3. フェリー・旅客船

    あかり

    船で渡った島で夕景を撮ると帰りは日没後。暗く沈んだ海を前に…

  4. 似島

    島の記憶 300 ー似島〜広島航路・第八こふじー

    高揚感が違うのか、行きよりも帰りの方が穏やかに感じるデッキから…

  5. フェリー・旅客船

    島の記憶 239 ー宇品港ー

    2018年宮島水中花火大会は中止。豪雨災害の影響で交通手段が十…

  6. フェリー・旅客船

    思惑

    行きたくても航路がないという島がたくさんある中、船が行き来して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 大津島

    桜の下で
  2. 岩城島

    断水
  3. 弓削島

    恵まれた時代
  4. 因島

    縮図
  5. 岡村島

    銅像
PAGE TOP